スコーンと靴下

2018/09/23

涼やかな朝。

朝から靴下を履く。
舞茸とチェダーチーズのスコーン。

 

虫の音やススキで秋を感じることのない町の
小さな秋を感じる瞬間。

so little (west)

自分の額縁を替える

2018/09/21

一昨日、新潟の友人から「阪急梅田本店で
糸井重里さんと伊藤まさこさんのトークショーがある」と情報をもらい
出かけてきました。

ここしばらくぼんやりしていたことが  “そういうことか!” と
膝を打つ話があったので記します。

 

『たくさん服をお持ちだと思いますけど、服の代謝ってどうなっているの?』
という糸井さんの質問に、伊藤さんは、

「カゴなんかは長く持ちますが、服は割と変わっていきますよ。
自分の年齢のこともあると思います。
お肌が荒れている時なんかは、パリッとした新しいものを着る方がいいんです。

馴染んでいくものももちろん好きですが、
繰り返しお洗濯をしているうちに、やっぱりクタっとしてしまうから。

エイジングと共に、そういう服を着ると自分もくたびれて見えるような。
だから新しいものを着るようにします」と。

 

すると糸井さんが
『それって、自分のエイジングに合わせて自分の額縁を替えていくってことだね』

すかさず伊藤さんは、
「その言い方、すごくいいですね!忘れないように
誰かメモっておいてください!」って。

 

ここ数年、以前と似合う服が変わってきた、
と思うことが増えてきました。

体型の変化、肌の色の変化もありますが、
大好きでよくよく着ているシャツやニットなんかが、
ある時からちょっと違う、と感じるのは、
そういう理由かもしれません。

 

決して服そのものが悪くなるわけではないし、
まだまだこの先も長く着続けていけるものだけど、
以前から着ていた洋服も年を重ね、自分も歳を重ね、
それで “あれ、ちょっと違う、以前とは違う”
と感じるようになったのかなぁ、と思いました。

 

新しい服を着ると、自分の心も新しい服が嬉しくて、
イキイキしているように感じるんだと思っていたけど、
それだけの理由ではないのですね。

 

これでまた、秋冬の新しい額縁を選ぶ愉しみが増しました。

“だから新しい額縁を買うのだ ” という甘い言い訳にもなります◎

 

◯コーネルの箱 / ジョゼフ・コーネル : 東京国立近代美術館

so little (west)

初おろし

2018/09/19

来年よりご紹介を予定している牛革のお財布。
昨日はこのお財布(革製品)を作っていらっしゃる
ご夫妻より、たくさんお話を伺ってきました。

 

ご紹介する前によく知りたくて使い始める朝。

小気味よくパチッと閉まるがま口。
中の小銭入れの部分もがま口になっていて、
大きく開く口は小銭も取り出しやすい。

 

しっとりとした雰囲気の品の良さもとても好みです。

通帳や携帯電話も入る大きさ。
クラッチバッグとしても◎

毎日使うお財布です。
ご紹介する頃にはどんな様子になっていますでしょうか。

 

来年またお会いしましょう。

so little(west)

秋へ | 10+2足

2018/09/17

大阪の仕事場の小さな靴の棚。

ビーチサンダルとニューメキシカンをしまって
秋の靴をそろえた。

DOEK(ドゥック)のスニーカーは洗って
干した。

こちらでは車に乗らない生活だから、
歩きやすさ、疲れないを重視した靴。

so little(west)

織物設計 | 5:22a.m. Sunday morning

2018/09/16

CA&Coともう一つ。
この秋から新しくご紹介するお仲間が増えました。

 

早朝に出かける家族を見送り、
何百回とページをめくった資料にまた目を通す。

「…. 使う人とともに成長し続けられるような
布になることをめざしている」という一文が特に心に残る。

 

展示会で拝見した数々の織物と、その織物の素材を選び、織り方、
生産方法を考えて織物の設計をしてらっしゃる女性を思い出すと、
” いえいえ、成長させてもらうのはこちらの方です” と
頭がさがる。

ストール、クロス、キルトマット。
9月後半をどうぞお楽しみに◎

so little(west)

ニューヨークへ行きたいか〜

2018/09/14

おぉぉォオー!!!

so little (west)

 

□ AURORA SHOES / ノースパシフィック

□ Ghost Dance / スエードショルダーバッグ

◯TRANSIT / 本日発売していました

ゴードン・マッタ = クラーク展

2018/09/13

新幹線に乗るまでの時間に美術館へ。

時計を気にしながら観るなんて、と悔やむ展示だった。

so little

 

 

JOHA(ヨハ) 入荷のお知らせ

2018/09/12

お知らせが遅くなりました。

JOHA のメリノウールのインナーが再入荷(2018 / 9月上旬)しております。

欠品していました、
メリノウールのタンクトップ |グレーが届きましたので、
ホワイト、ブラック、グレーの3色揃いました。

 

しばらく在庫がなくっていましたヒップスターのMサイズ
届いております。

ご自身で着用してよかったのでと、ご家族に差し上げる分を
ご注文くださったり、ご自分用を買い足してくださる方も
いらっしゃって、こちらのショーツも好評です。

(メリノウール+シルク)のしっとりとした肌触りが
良いのはもちろんですが、
ウエストも脚の付け根もゴムの跡が残らず、の
やわらでストレスのない履き心地が気に入っています。

 

150cm(kids) サイズのメリノウールのタンクトップ
再入荷いたしました。

「小柄な方、スレンダーな方にはこちらもおすすめですよ」と
ヨハのスタッフの方から教えていただいて、
今年の6月からご紹介しています。

今回はネイビーの他にグレーも入荷いたしました。
6月のblogにサイズ感につきまして記してありますので
よろしけばサイズのご参考にご覧くださいませ。

so little

ドルマンスリーブコートドレス の魔法 / 1

2018/09/10

2018年 SEA SALTの秋冬はいつもに増して
ご紹介するのが嬉しくてワクワクしています。

 

自然と歴史、異文化、人種の交流点で、
インドやモロッコなどの異国情緒あふれる地域をイメージし、
冬の海を思わせる色がテーマカラー。

展示会で拝見した洋服と、自分の中で想像するエキゾチックな
町と冬の海の色のイメージがピタリと重なり、
その時からすでに浮かれ気分でした。

今回紹介いたしますのは、
民族衣裳からインスピレーションを受けたという
「ドルマンスリーブコートドレス」

多様な着方、コーディネートができるのが魅力です◎

着用している画像をたくさんご覧いただき、
コートドレスの魅力をより多く感じていただけましたら
何よりです。

 

□  SEA SALT / ドルマンスリーブコートドレス

□ SEA SALT / カラーレスシャツ(以前トーマスメイソンのものです)

□ SEA SALT / ラハリアスカート

□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(moss)

 

①まずは中に着たシャツの襟を見せて。

民族衣裳の要素をより感じるような着方が好きです。

シャツの色が変わるとまた雰囲気が変わるのだろうな、と
想像するだけで楽しい。
この日は手持ちのシャツは白だけだったのでここで終了。

 

② 毎度お馴染み SEA SALT/スラウチパンツの
上に羽織ります。

スラウチパンツを穿いている時には
感じたことのないエキゾチックさが。

新しい一面が見え隠れしてきました。

 

横から見ると、こちらはコートを着ているような印象。
この時はウエストの紐をしっかりと結んでいます。

 

③ 襟元の紐を絞りしっかりとギャザーを作り結びます。
ウエストの内側についている紐は緩やかに結びました。

袖は二折りしています。
こちらはゆったりのワンピースを着ているよう。

ふわり女性らしいシルエットですが、不思議と甘すぎない。
のぞいているパンツの白の分量もいいみたい。

 

④ こちらは襟とウエストの紐は結ばず、ただ羽織っているだけ。

こちらのパンツもしょっちゅう穿いてるお馴染みさんの
SEA SALT /クロップドワイドパンツです。

いつもの服を着ているのにいつもの自分とはちょっと違う。

こういうのって何でしょう…1枚羽織っただけなのに。
少し嬉しくなってきていい気分になりますよね。

 

⑤ 襟元を絞りウエストの紐も結んでみます。

コートドレスの裾から出ている分量、ボリュームは
一番上のスカートを合わせた画像と似ているけれど、
襟元が変わるとやっぱり雰囲気も異なります。

 

肌寒くなったら、首元にストールやマフラーを
巻くのも今から楽しみ。

 

コートドレスに袖を通した途端、
いつものコーディネートに変化が出る。
いつもの知った自分とはちょっと違ってくるから楽しい。

 

コートのようで、ドレスのようで。
ロングシャツのようで、全てを覆うマントのようでもある。
そして訪ねたことのない街の民族衣裳のようで。

実は魔法には本当の意味が。
「魔法の2」はまた次回に。

so little

SEA SALTの一押しスカート

2018/09/08

たっぷりと贅沢に生地を使ったSEA SALTのスカート。

スカートの名前はraharia(ラハリア)
ヒンディー語で波を意味します。

 

名前の通り、波をまとっているかのような動きのあるデザイン。
優雅で美しいスカートは着ている者の気持ちも豊かにします。

上質で柔らかな生地が波のように揺らめくスカート。

横からのシルエットの美しさにも惚れ惚れ。

 

ウエストのデザインがとっても綺麗なので、
普段はシャツの裾をタックインしない方も
ぜひこんな着方もおすすめします。

実際のウエストより細く見えるのも嬉しい。

 

いえいえ、裾は出している方が落ち着くの、
という方ももちろん◎です

□ SEA SALT / クロップドランニングトップ
□ SEA SALT / ラハリアスカート
□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(moss)
□ Ghost Dance /シルバーグラスビーズネックレス

 

白の他にも、ネイビーのシャツやチャコールグレーを合わせても
とびきり似合います。

上品なこのブルーグレーに合う色は思いの外たくさんあって、
あれもこれもとだんだんと愉しくなります。

 

そしてこの秋もお馴染みのカラーレスシャツが届きます。

スカートと同じ生地で色は白、ネイビー、ブルーグレーの3色で、
このスカートともバッチリの相性。

首を長くして待っているのですが…
こちらもどうぞお楽しみに。

 

商品一覧にて詳細をご覧いただけます。

平置き写真ではなかなか本来のスカートのラインが
わかりにくいのですが、ウエストのデザイン、
前後のスカート丈の違いなどをご確認いただけます。

 

次回はコートドレスを紹介いたします。

1枚羽織るとあら不思議、魔法をかけちゃいます。

so little