Archive for 2016年1月

2016.1月の新潟

2016/01/31

FullSizeRender-1

本格的に雪が降った。

放課後の小学校のグラウンドではクロスカントリー部の
子ども達が練習をしている。

「よーいゴッ!」
当時の先生の掛け声と
おやつに配られた白桃のキャンディの味を思い出す。
so little

古くからの友人

2016/01/28

IMG_0130

幼稚園の頃からの友人とは、
楽しい遊びはいつも一緒だった。

学校から戻ると山へ登ったり、登った山では漆にかぶれた。
冬はスキーに行って飽きるまで滑り、
おやつにアメリカンドッグを食べた。

いつもショートカットで、年中陽に焼けていたように思う。

その友人から北欧へ行くと連絡があった。
「北欧の何処?」と訊くと、
” サバのノルウェー” という答えが返ってきた。

昔からそういうところが大好きだった。

ノルウェーへはオーロラを見に行くと言う。

『だよね』と思った。
so little

7

2016/01/26

DSC00140

美容室へ行くと「今日も7ですね」と声をかけられる。
先月も7だったのか、、。

▫︎ grown in the sun / cwc 
▫︎ WESTBOUND/ LA デニムパンツ(ワンウォッシュ)
so little

 

定番

2016/01/23

DSC03479

SUNSHINE+CLOUD/ オックスフォードシャツ

 

IMG_0286

AURORA SHOES/ ウエストインディアン

 

DSC04508

grown in the sun/ ニューマーケットバッグ

 

DSC03487

grown in the sun/ コージークルー

好きな時に同じ物を買い足したり、
タイプの違うものや色違いを購入したり。
いつもある安心と喜び。

当たり前のように思っていたけれど、
最近はそんなものが減って来ているように感じる。

ここにあげたものは、so littleにいつもあります◎
so little

煮込む話

2016/01/21

DSC00894

冬の訪れの前に、
「苦手な冬を少しでも気楽にするように何か楽しいことを
見つけなければいけないんです!」と、話をすると
『気負わずに、ストーブの上で何かをゆっくり煮込むとか、
そういう楽しみでもいいんじゃないかな』とおっしゃた方がいました。

DSC00827

今週は新潟市も積雪がありました。

” やっぱり冬よ来たか” と肩を落としましたが
『煮込む話』を思い出しました。
so little

大切なことは、出発することだ。

2016/01/17

DSC00563

WESTBOUNDのジーンジャケットデニムのパンツには
星野道夫さんの言葉が記されたタグが付いている。

WESTBOUNDのデニムが大好きになった理由は
ここにもある。

 

DSC00807

このタグをきっかけに、星野道夫さんのいくつもの著書を読み始めたら
それがとっても楽しい。
新幹線に乗っても、病院の待合室でも、夜眠る前にも
本を開くとすぐにアラスカへ行くことができた。

アラスカの自然や暮らし、カリブーのスープの味を想像し、
イヌイット語では雪を表す言葉がいくつもあることを知る。

 

WESTBOUNDのデニムのおかげで、
今まで知らなかったことに出合えた。
” 穿き心地がいい、格好いい” だけじゃない
このデニムに対する何か特別な気持ちが生まれた。

 

DSC00286

昨年暮れ頃から、お店でもお正月のゴロゴロも
新年会へもこればかりを穿いている。

すると「わぁ、ちょっと馴染んできたな」という時が来た。

 

DSC00285

日々の暮らしで身につけるものは
そうやって愛着が湧いてくる。
so little

 

IMG_4305

デニムは旅に欠かせないものだ。
旅の途中で洗ったり、汚れたり、すれたりしながら
旅の記憶も染み込ませていく。
人間の体と同じで、時間の経過とともにその土地の空気にも馴染んで、
味わいが出てくる。

その土地を離れて、自分の居場所に戻ったとしても、
旅を共にしたデニムを身につけることで
いつだってその時の空気を感じることができる。
デニムは旅と似ていると思う。

(SUNSHINE+CLOUDより頂いた資料から)

10:00 pmの腕相撲

2016/01/16

IMG_5402 (1)

SUNSHINE+CLOUDの高須さんが
新潟にいらっしゃいました!

半袖Tシャツから力こぶがのぞく21歳
現役ラグビー部と腕相撲対決。

ワクワクしながら” AM 7 “の背中を応援。
so little

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

BRUTUS 最新号(2016 2/1号)
「みんなで道具考」のページに高須さんの記事が掲載されています。
こちらもぜひご覧ください。

6:00 am の鐘

2016/01/15

FullSizeRender (1)

12個の「数え石」
山あいの小さな町で毎朝6時に鳴る鐘の音は12回だ。
so little

斜め掛けのニューマーケットバッグ

2016/01/13

DSC00550

車で通りを走っていると、
grown in the sunのNEW MARKET BAG
斜めがけにして歩く方を発見。
夜だったのにすぐにわかった。

 

本屋さんで立ち読みをしていた時に、たまたま通りかかった友人が
NEW MARKET BAGの斜め掛け姿を発見し
声をかけてくれたことを思い出した。

 

DSC00384

このバッグをご存知の方は、
マーケットバッグアンテナが立っているみたいにすぐに発見する。

発見した方はなんだか嬉しくて、
それが斜め掛けならさらに元気まで出ちゃう。
so little

思う存分 カラレスシャツの週

2016/01/11

DSC00606

SEA SALTのカラレスシャツ。
大好きだからしょっちゅう着ている。
にもかかわらずまだ足りなくて、
「毎日着たいな」と思ったのが先週。

◽︎ grown in the sun / CWC
◽︎ SEA SALT / カラレスシャツ(トーマスメイソン)
◽︎ grown in the sun /ローバーパンツ

 

DSC00624

コージーカーディガン(グレー)と。

 

DSC00317

◽︎ grown in the sun / CWC
◽︎ SEA SALT / カラレスシャツ(ファインオックスフォード)
◽︎ grown in the sun /スリーピングバッグローバーパンツ

 

DSC00648

◽︎ grown in the sun / ロングシャツジャケット
◽︎ SEA SALT / カラレスシャツ
◽︎ grown in the sun / 5ポケットパンツ(ホワイトデニム)
◽︎ AURORA SHOES /ノースパシフィック

 

DSC00664

SEA SALTのワンボタンジャケットと。

“思う存分” はカラレスシャツに限らず、オックスフォードシャツや
ネルシャツ、CWCだったりビッグチノだったり。

好きなものを好きなだけ着てみると
距離が一気に縮まり、新たな良さがまたわかったりする。

 

DSC00673

よく登場するお馴染みさんは、思う存分好きなだけ着た
自信を持っておすすめできるもの。
so little