朝、森の文庫へ

やわらかな虫の音、高い樹木には鳥の気配

安らかな空気が沁みわたる

からだの隅々まで森の恵みを受けとり、再び日常へ

so little 「森の文庫


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。