Archive for the ‘エフスタイル’ Category

日常に亀田縞を使う、着る

2021-01-19

F / style の数ある亀田縞のアイテムの中に、
ずっと気になりながらも距離が縮まらないものが
ひとつだけありました。

それは『風呂敷』

パンツ、風呂敷バッグ、お弁当包み、スリッパ、おしぼりと、
毎日の暮らしで使わない日はないというほどに
とっても身近な F/ styleの亀田縞。

 

その中でも、一年中愛用しているパンツは、
洗濯を重ねても丈夫で、綿の柔らかさも感じるようになる
とっても頼りにしているパンツです。

 

ある日ふと、この丈夫さだったら汚れたらこまめに洗いたい
テーブルクロスとして風呂敷を使ったらいいのではないか?

なかなか気に入ったものがなかったテーブルクロス。
ようやく出会ったねぇ、と喜びも倍増です。

 

これから年月を重ね、いつかくたびれたとしても、
サイズを変えて手ぬぐいや布巾にしてもいい。

そんなことを考え始めたら、なんだか愉しくなってきます。

一枚の布を大事に大切に使う祖母や母の気持ちにも
少し近づけたようにも思います。

 

□ エフスタイル / 亀田縞の風呂敷(平判)
□ エフスタイル / 亀田縞のおしぼりとシナの鬼皮のトレー
□エフスタイル / 亀田縞のティッシュボックスカバー
□ エフスタイル/ 雑木のコップ(黒漆)

so little

 

F/ styleのもの : 機能美

2021-01-14

やや小さめの正方形。

軽くてすぐ乾いて、

気楽に取り出しては

果物を切ったり、

パンや薬味、お漬物を切ったりする。

 

そろそろ無花果の旬が終わるという頃に

使い始めた越後杉のまな板。

使い勝手がよく、

使う道具としての美しさも感じる。

 

□ エフスタイル / 越後杉のまな板

so little

すべてが真っ白になった

2021-01-11

淡いグレーの冬の空、

凛とした冷たい空気に似合うマフラーを巻いて

雪壁の町を散歩した。

so little

JOHAで暖かく動きやすく

2021-01-10

毎日厳しい寒さが続いています。

とにかく冬は、暖かく動きやすく。

それを実感できるようになったのは、
JOHA のメリノウール のインナーのおかげ。

・最高のコンビの『長袖+レギンス』

・最強のトリオの『タンクトップ+長袖+レギンス

 

快適なインナーのおかげで、
ごてごての重ね着や厚着は不要です。

 

ラフなスウェットシャツに、
ウエストがゴムの軽くて動きやすく、
穿いていてとってもラクなワイドパンツ。

ガウンのようにさっと羽織るだけの
コットンのコートで少し格好よく仕上げます。

 

□ SEA SALT / ドルマンスリーブコートドレス

□ スウェットシャツ

□ エフスタイル / 亀田縞のワイドパンツ(厚地)

so little

 

マフラーでも暖をとる

2020-12-26

昨日からまた雪になった。
あっという間に銀世界。

クルーネックのスウェットシャツに
手紡ぎのしっとり柔らかなマフラーを巻く。

上質で柔らかなマフラーは屋内でも活躍。

屋外だけのものにしておくにはもったいない暖かさ。

 

□エフスタイル+齋藤伸絵 /ホームスパンマフラー

so little

亀田縞のワイドパンツで 新潟自慢

2020-12-17

欠品しておりました、
F/styleの亀田縞のワイドパンツ(厚地)が再び届きました。

冬の季節は、メリノウールのレギンスを重ねて着用すると
あったかくてより快適です。

 

パンツによっては、着替えると(脱ぐと)ほっとして
” やれやれらっくり ” と感じることがありますが、
亀田縞のパンツの場合、
穿いていても全然ストレスを感じないので、
そういう感覚はまるでありません。

 

□ エフスタイル / ホールガーメントのウールニット(ユニセックス)

□ エフスタイル/ 亀田縞のワイドパンツ(黒ねず紺)

 

穿き心地や動きのよさだけでなく、
シルエットもスッキリとしていて、
おまけに亀田縞は布地も丈夫。

 

家でも外でもこれ一本。

そんなパンツが新潟にはあるんです◎

 

□ SEA SALT / カラーレスシャツ

□ SEA SALT / ロングシャツドレス

□ エフスタイル/ 亀田縞のワイドパンツ(生成紺)

so little

 

カシミア手袋を愛おしむ

2020-12-13

週明けから本格的な寒さになるよう。

来るぞ、来るのか、あの冬が。。。

 

あたたかでやわらかーいカシミアの手袋が揃い、
こちらだって準備は万全。

毎日身につけて愛おしむ。
良いものを大切にしながら、一緒に時間を重ねていく。

 

子どもの頃には想像もできなかった。
こんなに優しくやわらかな手袋があるなんて。

 

□ CA&Co. / カシミアの手袋

□ エフスタイル+齋藤伸絵 / ホームスパンマフラー

□ エフスタイル / スーピマ綿のブランケット

so little

 

霜が降りた朝、

2020-12-10

朝6時すぎ、庭に出ると霜が降りていました。

雪とは異なる静かな冷たさ。

 

こんな日は必ず晴れます、
ということで 12月にしては軽やかなコーディネート。

もちろん、
JOHAのメリノウール の長袖とレギンスがあっての
軽やかさです。

 

左より

◯SEA SALT / カラーレスシャツ

◯エフスタイル/ホールガーメントの綿麻カーディガン(ネイビー)

◯SEA SALT / ラハリアスカート

so little

 

先輩のJOHAの着こなし

2020-12-08

昔むかしのスウェットシャツを懐かしみ、着る日。

合わせるのはJOHAのメリノウールの長袖。
ゆったりのスウェットシャツから出る袖の分量は、
ヨハの長袖がちょうどよく、快適で動きもよくそして暖かい。

 

大きめの半袖Tシャツに、JOHAの長袖アンダーシャツを
合わせていた80代のおばあちゃんを真似てみる。

人生の先輩に学ぶ JOHA の着こなし。

 

左より

◯エフスタイル/ 亀田縞のワイドパンツ(厚地)

◯スウェットシャツ

◯ JOHA / メリノウールの長袖アンダーシャツ

so little

ユニフォーム + ロングシャツ

2020-12-07

いつものシャツとパンツのユニフォームのような
コーディネートに、ネイビーのロングシャツを羽織る。

 

冬の始まりの夕暮れ時は、
1日の始まりかと錯覚するような光の中にある。

 

□ SEA SALT / ロングシャツドレス

□ SEA SALT / カラーレスシャツ

□ エフスタイル /亀田縞のワイドパンツ(厚地)

so little

 

月夜にネイビーを着る

2020-11-27

夜の色と同化し、雲間の月を眺めて歩く。

 

大活躍しているカーディガンと、
いつもの気に入りのシャツとデニムの
ワントーンのコーディネート。

 

いつも以上にひっそりと静かに感じる夜に
ネイビーを着る。

 

シンプルなデザインの同色のコーディネートは
気持ちも静かに落ち着く。

 

左から

◯ デニムパンツ

◯ エフスタイル / ホールガーメントの綿麻カーディガン

◯ SEA SALT / カラーレスシャツ

so little

今シーズンもあり〼 エフスタイルのマフラー

2020-11-26

スーピマコットン、ファインメリノウール 、アンゴラの
3種類をブレンドした手紡ぎの糸。
その糸を手織りでマフラーにする。

 

染色作家の齋藤伸絵さんが作る
ホームスパンのマフラーです。

マフラーの上で手をすべらせると、
やわらかくしっとりした手触りに驚きます。

 

あたたかな空気と一緒に織り上げたように
おっとりとやわらか。

首元、ふれる全ての肌が
リラックスするのがわかります。

 

商品一覧ページに詳細をupいたしました。

□ エフスタイル+齋藤伸絵 / ホームスパンのマフラー

 

色は『アクア』

冬の雲間に見える、うっすらと透けるような青い空。

屋根から下がる大きな氷柱が太陽で溶け、
滴になったような淡い色合い。

清らかで品のある美しい色です。

so little

スカートにももちろん、JOHAのレギンスを

2020-11-24

スカートの時にメリノウール のレギンスを穿くと
どんな感じになりますか?とご質問をいただきます。

股下長めのJOHAのレギンスは、膝下から足首にかけてを
自然にクシュリとするとバランスがよいように思います。

 

見えない太ももから膝上部分にクシュリと寄せて、
スネ、足首の部分をスッキリ見せるのもいいです。

 

この小技、脚が長ければ不要なのでしょうね….

ですが私の場合、この寄せた部分がなおさら暖かくて、
寒さ厳しい季節は嬉しさ倍増のごちそう気分です。

 

スカートやワンピースにも合わせやすいように、
レギンスはブラックとライトグレーを選んでいます。

 

□ JOHA / メリノウール のレギンス(ブラック) /
Lサイズは12月に再入荷予定

□ JOHA/ メリのウールのレギンス(ライトグレー) /
Mサイズは11月下旬、Lは12月に再入荷予定

□ 11月下旬にメリノウール シルクのタイプ(ブラック)/
新しく入荷してまいります

 

左から

◯ エフスタイル / ホールガーメントの綿麻カーディガン

◯ SEA SALT / ラハリアスカート

◯SEA SALT / カラーレスシャツ

so little

SEA SALTのコートドレスを着る

2020-11-23

風合い豊かで厚みのあるコットン100%の
SEA SALTのドルマンスリーブコートドレス。

肌あたりはやわらかく上質な着心地が嬉しい。

 

その日のコーディネートに合わせ、
首元の紐を絞ったり緩めたり。

コートの内側にある紐を結ベば、
自然と前が重なるように閉じて
ドレスのようにも着ることができます。

 

この日は、シンプルなスウェット+
いつもの亀田縞のワイドパンツに合わせた。

ドルマンスリーブコートドレスを
一枚羽織るだけなのに雰囲気が大きく変化。

これもコートドレスの魅力。

 

袖は8分丈。

たっぷり贅沢に生地を使ったドレスは、
体の動きに合わせ常にきれいなシルエットが生まれる。

 

左より

◯ SEA SALT / ドルマンスリーブコートドレス

◯エフスタイル / 亀田縞のワイドパンツ(厚地)

◯ クルースウェット

so little

 

カエデ散る雨の土曜

2020-11-21

朝からの雨。しっとり静かな土曜日。

庭のカエデが紅葉し、落葉し、冬を待つばかりとなった。

終わりと始まりは植物が教えてくれる。

 

□ エフスタイル / ホールガーメントの綿麻カーディガン

□ カディコットンのチュニック

□ SEA SALT / インディゴのスラウチパンツ

so little

使いながらまた育つ

2020-11-20

朴の木 / 折敷

桜の木 / フォーク

シナの木 / 亀田縞のおしぼりとシナの鬼皮のトレー

 

それぞれの土地で育った木が

ひとつのテーブルに集まり

ここでまた育っていく

so little

そのまま素のまま

2020-11-19

連日の晴天で八海山の雪がなくなった。

寒くなるとシャツを重ねることの多い
F/styleの綿麻ニットは、
今日はそのままシンプルに。

 

□ エフスタイル/ ホールガーメントの綿麻ニット

□ デニムパンツ

so little

本日も晴天なり

2020-11-18

街路樹の落ち葉を掃いたり、
収穫した里芋を干したり、
思いきり洗濯をしたり、

それぞれの家の作業が進む11月の晴れの日。

作業の後の『一服の茶』がこれまた美味しい。

□ エフスタイル / シナ布のティーマット

 

so little

 

アイスグレーのシャツと太陽

2020-11-17

太陽にうっすらと雲がかかり、
はっきりと太陽の輪郭を見た。

玄関窓に映り込んだ太陽は月のように丸く、
今日のシャツのような色をしていた。

 

□SEA SALT / ロングシャツドレス

□エフスタイル / ホールガーメントのウールニット(ユニセックス )

□エフスタイル / 亀田縞のワイドパンツ(厚地)

so little

COOVA ネイビーのストール

2020-11-14

西の山は色鮮やかな紅葉に染まり、
東の山は真っ白に凛々しくひかる雪。

 

冬へ向かう季節のはざまの美しい風景の中、
静かで落ち着いたCOOVAのネイビーをまとう。

 

COOVAのウール+アルパカ+シルクのストールを
商品一覧のページにupいたしました。

 

1枚の布の中にいくつもの織りとデザインを見ることができる
COOVAのストールは芸術品のようでもあります。

 

□ COOVA / ウールとアルパカにストール

□ CA&Co. / カシミアのカーディガン

□ SEA SALT / カラーレスシャツ

□ エフスタイル / 亀田縞のワイドパンツ(厚地)

so little