Archive for the ‘AURORA SHOES’ Category

意外や意外、冬もオーロラ

2018-02-09

今日も朝から晴れました。

南魚沼市は豪雪地帯ゆえに、道路には消雪パイプがあったり、
降れば除雪車がフル稼働なので、道路には雪がない。

 

おかげさまで今年は冬もオーロラシューズが活躍中。

so little

オーロラとポストマン

2017-12-15

雪の降らない町の冬は、
オーロラシューズポストマンジャケットでいいんですね〜。

so little(west)

 

横道へ

2017-11-11

出来上がったばかりのリースは、
ユーカリと月桂樹の緑がいきいきと気持ち良く、
ブラウンのオーロラシューズと一緒に撮影させてもらいました。

 

製作過程をお聞きしていると、
『リース作りのレッスン後にいただいた紅茶とケーキがまた美味しくて!』と。

それからは「どんな紅茶でした?どんなケーキ?」と、
食いしん坊たちはすぐに脱線していきました。

so little

オーロラシューズとジュリー

2017-10-12

幅広い年齢層の方からご愛用いただいている『オーロラシューズ』

だからこそ、お店においでくださる方からは世代を超えた
いろんな愉しい話を伺います。

先月、ニューチャイニーズをお求めくださった方は、
「ジュリーのコンサートに履いて行こうかなぁ」と。

話題はジュリーから ザ タイガースになり、
” ジュリーよりピーが好きだった “と続きます。

ピー?
さすがにタイガースのことは???で、ピーについての昔と今を
お聞きしました。

ジュリーのコンサートは来週。
次回、コンサートの話をお聞きするのが楽しみ。

so little

オーロラシューズ 秋の入荷 /2017.9月

2017-09-17

オーロラシューズが再入荷いたしました。

ご予約分で在庫がなくなりましたサイズもございますが、
レディース、メンズ共に比較的サイズは揃っております。

じっくりゆっくりといろいろなサイズ、タイプをお試しくださいませ。

 

通信販売でもお求めいただけます。

サイズ等のご相談やご質問もお気軽にお尋ねください◎

phone  : 090−1215−2297

mail   : solittle2013@gmail.com

 

□ ウエスト インディアン/ ブラック

 

□ミドルイングリッシュ/ ブラウン

 

□ ミドル イングリッシュ/ ネイビー

 

□ミドル イングリッシュ/ モス

 

□ ニュー チャイニーズ/ ブラウン

 

□ ノースパシフィック/ ブラウン

 

ノースパシフィックをお選びくださる方が増え始める9月。
秋を感じることの一つです。

(ノースパシフィックは、ブラウンとブラックの2色展開です)

 

so little

Daily shoes

2017-09-14

歩きやすく動きもよく、疲れ知らず。
足に馴染んだ日から大活躍!の格好いい靴は、
オーロラシューズだけでなく沢山あります。

でもこんなにリーピート率の高い靴は
そう沢山は無いように思うのだけれど…

日々のオーロラシューズの様子です。

 

夏の間はつま先部分のないタイプの
ニューメキシカンばかりだったけど、9月に入り
ニューチャイニーズを履くことが増えた。

オーロラシューズの “ブラウン” を味わう日、と決めたこの日。
SEA SALTの白のコーディネートにニューチャイニーズを。

 

□ so/co with S+C / インディゴのロングクルタ
□ AURORA SHOES/ ニューチャイニーズ(brown)

ロングクルタ+黒のウエストインディアン+グレーのソックスの
コーディネートの方にお会いした翌日。

それまでは、ロングクルタ+パンツ+オーロラシューズだったから
とても新鮮に感じた。

「いいと思ったらすぐ真似する課」という、どこかの会社の
話を聞いてから、自分の中にも『すぐ真似する課 』が発足。

真似て学ぶのは楽しい。

 

□ SUNSHINE+CLOUD/ インディゴ リネンボーダーシャツ(new west)
□ grown in the sun / ルーズデニム
□ AURORA SHOES/ ニューチャイニーズ(brown)

「お仕事は?」とたまに訊かれる。
“この洋服とこの靴のお店を営んでおります” と、
手を上から下に動かしながら答える。

毎日の服と靴は、名刺の代わりにもなったりする。

 

□ SEA SALT/ カラーレスシャツ
□ SEA SALT / フレア&ギャザースカート
□ AURORA SHOES/ ニューチャイニーズ(brown)

茶色のニューチャイニーズを履き始めたきっかけは、
葉山のSUNSHINE+CLOUDのスタッフの方が履いていて
とっても素敵だったから。

S+Cがかやの木テラスにあった頃のことで、
だからこの靴も5年位は経つのだろうか。

 

□ SEA SALT / フライフロント ロングシャツ
□ WESTBOUND / PORTLAND デニムパンツ

数年前の甥の披露宴に出席する際に新調した、
黒のウエストインディアン。

そして今年の春に結婚した甥の披露宴の時も履いた。

いつもの靴には思い出も増えてくる。

□ SEA SALT/ カラーレスシャツ
□ SEA SALT / クロップド ワイドパンツ

ファーストオーロラシューズは、モスのウエストインディアンだった。

モスの色合いは何色の服にもよく似合って、
普段はもちろん、仕事へも旅先へもいつもこればかりを履いていたから
2足目、3足目も迷わず同じものを購入していた。
これは3代目。

 

□ SUNSHINE+CLOUD/ インディゴリネンボーダーシャツ(new west)
□ grown in the sun / クロップド ブッシュパンツ
□ AURORA SHOES/ ミドルイングリッシュ (brown)

「2足目は黒が欲しくて」と、ご来店くださった方が履いていらした
茶色のミドルイングリッシュがなんとも言えずいい色だった。

 

まるでアンティーク家具のようで、
どうやってお手入れされているのか尋ねた。

教えて頂いた通りにやってみようと、同じワックスを購入。

すぐ真似する課の報告はまた後日に。

 

□ミドルイングリッシュ/ brown とmoss

「その靴はなんという靴ですか? この辺で購入できるのですか?」

町でミドルイングリッシュを履いている方を見かけて、
その足ですぐにご来店くださった方がいらっしゃいました。

お一人の方は 『このまま履いて帰ります!! 』と。

嬉しいな、と思いました。
オーロラシューズは ” Smile shoes ” です。

so little

5ドルのチケット

2017-07-21

早朝に出かけてきた郊外のコーヒーの店。
すでにお客さんは何人かいる。

オーダーしたコーヒーのうちの一つがなかなか来ない。

「まだ来ていないんです」と伝えに行くと、
ドリップしたのに忘れていたらしく、
” もう1回 淹れ直すからもう少し待っていて ” と
すっかり忘れてたっ!という感じ。

 

数分して、湯気の上がるコーヒーを持ってきてくれた。

” お待たせしてごめんね、次回来た時にこれを使って ” と、
5ドルのチケットを一緒に手渡された。

 

今回の滞在ではもう時間がなくて来ることはできないけど、
これでまたこの町に来る理由ができたな、と思った。

どんなに小さな理由でも、何かあれば頭の片隅に
置いておくことができる。

 

先日、旅先に履いて行ったオーロラシューズの
ソールの交換をお願いした。

交換を終えた新品のビブラムソールを見て、
またすぐにでも出かけたい気持ちになった。

so little

オーロラシューズのためのスペース

2017-05-25

ゆっくりと納得のいくまでオーロラシューズを
ご試着していただきたいな、の思いで作りました
小さなスペース ” リトルのとなり”

いろんなタイプのオーロラシューズをご覧頂き、
そしてお試し頂いているのが嬉しいです。

自宅から持ってきた本もすこし置いてあるので、
靴の合間に本をパラパラと、もまたまた嬉しい光景です。

 

今週の “リトルのとなり”の様子です。

3種類のバラを小さく活ける。
月曜日のオーロラシューズはモスのウエストインディアン。

本は「STRIPES and STARS 」ホンマタカシさんのNYの写真集と
岡本 仁さんの「果てしのない本の話」

 

火曜日のオーロラシューズはブラウンのミドルイングリッシュ。
そして真っ赤なガーベラ。

BRIGT LIGTS BIG CITYのアナログ盤と
Jennifer Causeyさんの写真集 「Simply Breakfast」

 

水曜日のオーロラシューズは黒のウエストインディアン。
花はこでまり。

グリーンの本は、もう何年も前に間違ってドイツ語の
翻訳版で購入してしまったもの。

好みを分析しておすすめしてくるamazonから届くメールが
しばらくドイツ語の本ばかりで閉口しました。

 

しばらく暑かった気温も落ち着き、
ポツリと雨のあたる木曜日。

今日のオーロラシューズは黒のミドルイングリッシュ。
本は上田義彦さんの撮影した「Frank Lloyd Write」の写真集

so little

オックスフォードシャツ日和

2017-05-14

朝からいいお天気の日曜日。

日中ならショーツでいいなと思い、
ベージュのクラシックショーツを選ぶ。

今年購入した 「HONOLULU TIME 」のTシャツの上には、
オックスフォードのニューウエストコースト
ボタンダウンシャツを羽織った。

 

オックスフォードシャツを着たいな、と強く思う日が
時々ある。

今日はいつぶりだろうか?
袖を通してすぐに、”そうそう、これだよね” と。

そうすると、しばらくオックスフォードシャツの日が続く。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / オックスフォードシャツ(new west)
□ grown in the sun / HONOLULU TIME 半袖Tシャツ(杢グレー)
□ grown in the sun / クラシックショーツ
□ AURORA SHOES / ミドルイングリッシュ(brown)

 

新潟は今からが本当にいい季節。
シャツ1枚で過ごせるんだから、ね〜〜。
so little

From March to April

2017-04-03

SUNSHINE+CLOUDの春物の入荷が始まった3月。
寒い日の続いた3月でしたが気分はもう春でした。

たくさんの華やかな色に囲まれるこれからの季節は、
特別なことなどなくても少し浮かれ気味です。

 

春になり、学生さんたちがニューマーケットバッグ
お選びくださることが多くなりました。

新しいバッグで始まる春。
何十年も前の学生の頃を思い出します。

 

新潟では本格的にオーロラシューズが出番となる季節。

2足目、3足目をお求めくださる方や、
ずっとオーロラシューズが気になっていて…と
オーロラシューズを初めて手にしてくださる方も多く
なった3月です。

 

4月に入り、そろそろ大好きなビーチウォークを
紹介してもいい頃なのでは?と昨年を振り返ると、
待ちきれずに4月2日にご紹介しておりました。

毎年待ちきれないビーチウォークですが、
今年は数日多く待てました。

後日、あらためて紹介いたします!
so little