Archive for the ‘CA & Co’ Category

ベージュのカシミアのニット

2019-11-12

2018年の秋冬よりスタートしたCA&Co.は、
神奈川県葉山町にアトリエをかまえる
『short finger』渡部まみさんがデザインする
カシミアレーベルです。

 

普段着としてカシミアを愉しむことを提案するCA&Co.
寒い季節の日常を気持ちよく、そして暖かく。

カシミア愛に溢れる方の作るカーディガンやセーターは、
着るほどにその魅力を感じられます。

 

2シーズン目の最初は、新色のベージュからご紹介です。

 

展示会に伺った際に一番最初に試着をした
ロングカーディガン。
見るからに穏やかでやわらかなカーディガンに
一目惚れでした。

 

そしてミルクティの茶の色を連想するようなベージュ。
寒い季節にこんなカーディガンがあったら
嬉しくなっちゃうだろうなぁ、と想像しました。

 

ここ数年、着丈の長いカーディガンはボタンのないデザインが
使いやすいな、と思っています。
6年前に求めたボタンの付かないカシミアのカーディガンを
着るようになってからのこと。

 

カジュアルな印象がやわらぎ、ロングカーディガンの持つ
女性らしい揺れるようなやわらかさをより感じます。

 

□ CA&COo. / カシミアのロングカーディガン
□ SEA SALT / カラーレスシャツ
□ SEA SALT / スラウチパンツ
□ エフスタイル / ゴムの入らないガーゼな靴下
□ DOEK / バスケットスニーカー(ホワイトギャバ)
□Ghost Dance / アンティークビーズのブレスレット

 

ベージュ+白を合わせるときのイメージがあって、
それは女優のダイアンキートンさん。

ブロンドの髪に白のシャツやニットを着ている姿は
昔も今もとっても格好いい。

 

黒髪を変えることはできないので、
トップスをベージュにして、白とのコーディネートを楽しみます。

 

こちらはベージュのクルーネックのセーター。
カーディガンと同じくガーゼ編みの極やわの着心地。

 

シンプルなデザインなので、セーターだけを見ると
“ひとひねり欲しい” と欲が出がちですが、
袖口、裾のリブの幅と首の開きのバランスが
とても優れているので、欲がスーッと消えます。

着ると違いがわかります。

 

□ CA&COo. / カシミアのクルーネックセーター
□ SEA SALT / ジョッパーズパンツ
□ エフスタイル / ストライプの靴下
□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(モス)

 

厚みのないシンプルなデザインのセーターは、
ストールを巻いたり、ジャケットを羽織ったり、の
プラスのコーディネートが難しくないのも◎です。

so little

Cからはじまる冬の始まり

2019-11-09

山々はすっかり色づき、街路樹の枯葉が舞う頃になりました。
新潟の冬ももうすぐです。

 

柔らかで暖かいCA&Co.(シーエーアンドコー)の
カシミアのセーターや手袋。

優れた技術+洗練されたデザインのCOOVA(コーバ)のストール。
それぞれのアイテムのコーディネートをご紹介してまいります。

so little

すき焼きが食べたくなったらカシミアの季節

2019-10-14

肌寒い日が多くなってきて、
朝起きてエアコンをつける日が続いています。

さて今夜は何を食べたいか?の候補に
「すき焼き」が出てきたらカシミアの季節。

 

今年もCA&Co.(シーエーアンドコー)のカシミアのセーターを
ご紹介する頃となりました。

今年もまたまたいいです!
今週中には商品一覧にUPいたします。

so little

 

美しいエプロン

2019-07-04

6月のお楽しみにしていたリネンのエプロン。
すでに届いておりましたのに、ご紹介までに時間を頂戴しました。

デザインの美しさ、作業着としてのエプロンの役割、
素材が上質であること、扱いのよさなど。

「こうであればいいのにな」という好みのエプロンに、
カシミアニットブランドの『CA&Co.』の
展示会で出合いました◎

 

まずはデザインの美しさと、身に付けた様子が気に入っています。

身ごろと同じ生地を使用した肩ひも、ウエスト部のリボンで
より洗練された印象。

 

洋服とのコーディネートを考えるのも楽しみになるエプロン。

むしろエプロンがあった方が、ぐっと素敵になるようだから
いいなぁ嬉しいなぁ、と思います。

 

肩ひもがクロスしているので、肩に負担を感じません。

エプロンをデザインされた「a Un pas」さんは、
ご自身も肩こりだそうで、
『肩のこらないエプロンです』とおっしゃていましたが
まさにその通り。

 

4cmの幅のあるリボンは、左側で結びます。

リボン両端が丁寧に縫製されているので、
リボン自体の形が崩れにくく、
全体の印象を綺麗に引き締めてくれる。

 

やや厚みのある上質な麻はハリがあり、
作業着として見たときも、しゃっきりしていて
気持ちがいいです。

清潔感につながるようでもあるので、
くたり、としているリネンよりも断然好みです。

 

エプロンの着丈(胸元から裾までの長さ)は102cm
それに肩ひもの長さをプラスすると約120cmです。

 

美しいエプロン姿の女性とお会いする機会が
多かった一昨年から今年。

料理家、お料理の先生や中国茶の先生、
料理会でサーブしてくださった方、ケーキ、お菓子を焼く方、
フランス菓子のアトリエをされている方などなど。

エプロンを付け、立ち働く様子がとても印象深く、
その美味しさと共に記憶に残っています。

記憶に残るほどのエプロン姿に憧れます。

so little

冬のカシミヤ ストール

2018-12-07

 

” 週末から気温が下がる、寒くなる “と朝から何度も
天気予報が伝えています。

 

「寒くなっても平気の平左!」と言えるような首元あたたか、
CA&Co.(シーエーアンドコー) カシミヤのストール
ご紹介いたします。

 

カシミヤのセーターやカーディガン同様に
やすらぎを感じる柔らかさ。

カジュアルな印象のボーダー柄も、上質なカシミヤなら
品の良い可愛らしさを添えるようでいいなぁ、
と思います。

 

□ SEA SALT / カラーレスシャツ(navy)
□ SEA SALT / ラハリアスカート
□ CA&Co. / ボーダー カシミアのストール(l.grey)
□ Ghost Dance / シルバー オーバル ブレスレット

 

空気を含んだような軽やかさ、その軽さからは想像できないほどに暖か。

そして何よりなのが、ずっと包まれていたいほどの肌触り。
もっとぐるんぐるんにしてカシミヤに埋もれたい、とさえ思う。

 

□ SEA SALT / カラーレスシャツ(navy)
□ SEA SALT / カーディガン
□ SEA SALT / クロップドワイドパンツ(navy)
□ CA&Co. / ボーダー カシミアのストール(charcoal)

 

CA&Co.の展示会の時にいただいたカタログに、
同じボーダーのセーター×ストールのコーディネートがありました。
この合わせがとっても新鮮に感じ、絶対真似をしよう!と。

カタログではベージュのパンツに、靴は黒。
そっくりそのまま真似をするのでは芸がないので、
波をイメージしたスカートを合わせて。

 

□ CA&Co. / カシミヤガーゼセーター(l.grey)
□ SEA SALT / ラハリアスカート
□ CA&Co. / ボーダーのカシミアストール(l.grey)

 

いつものメリノウールのインナーの上に、
ぬいぐるみのような裏地のモコモコのニューコージークルー。
そしてカシミヤのマフラーを巻く。

コートは風を通さない軽めのコートを羽織れば◎

 

” 巻ものは上質なものを” と教えてくださった方がいらっしゃいます。

その方が身に付けていた数々の上質なストールやマフラーを
図々しくもいつも巻かせてもらい、肌で覚えました。

 

気持ちの良いものでないといずれ巻かなくなってしまいますから、
そこは妥協できません。

CA&Co.のカシミヤは間違いナシの後悔ナシ。

そしてこのお値段設定。
サンキュー ベリベリ〜マッチ!です。

 

CA&Co.のカシミヤケア用品もご用意しております。

カシミヤ毛玉専用ブラシ

so little

2018. 秋からの新しいお仲間 ④ | CA & Co. その3

2018-10-08

< ビッグセーター >

ビッグセーターは首の開きが広いデザインなので、
シャツやタートルネックを合わせるとより素敵かな、と思います。

名前の通り、広げてみるとvery big。
でも実際に着てみると思いのほかスッキリ。

ふんわりとしたスリップオンシャツを中に着ても着膨れ感がない。

 

今までならセーターはジャストサイズを好んでいました。

大きくゆったりのデザインのものは、
実際の体型よりも大きく見えるようだったので。

なのでネーミングの印象からすると「ビッグセーター」は
敬遠していたタイプ。

でも着てみると全然違いました。
着た時の方が断然このセーターの魅力を知ることができます。

 

ドロップショルダーでアームのデザインが可愛らしいです。

大きなアームホールから袖は徐々に細くなり、
袖口のリブが長く、着ていても見た目にもスッキリ。
これがとってもいい◎

 

持ち合わせのパンツがなかったので、
家族のデニムを借りました。

このライトグレーなら白とインディゴのほかにも、
チャコール、黒、オリーブ、ベージュなども似合いそう。

太めのパンツも合うのでは?
太めのパンツとのコーディネートはまた今度に。

so little

2018. 秋からの新しいお仲間 ③ | CA & Co. その2

2018-10-08

<ケープカーディガン>

カシミヤ100%のCA&Co.のカーディガン。

ボタンが二つずつ両サイドに付いています。

ボタンを留めて着る、ボタンを外して着るから始まる
応用力抜群のニットをご紹介します。

 

この日はSEA SALTのスリップオーバーシャツを合わせています。

シャツ、ニット、ワンピース、トレーナーやTシャツなど
いつもの服を着て羽織ればもう暖か。

気温が下がり、あの寒〜い季節を思い出す頃になると
ケープカーディガンがどんなに万能か…
すぐにわかるのでしょうね。

 

ボタンを留めて着た時の袖はこんな風です。

腕周りがもたつかず、袖のないカーディガンというのも
いいな、という感想。

ゆったりとしたデザインですので、
ニット自体のボリュームはありますが驚くほど軽い。

100% ピュアカシミヤの軽やかさ、柔らかさ、暖かさは格別です。

 

カディコットンのチュニックに合わせています。
ボタンを外して片側を肩にかけました。

画像ではニットが黒っぽく写っていますが、
チャコールグレーです。
(ガーゼセーターのチャコールと同じ色です)

 

マフラーのように前で軽く結びます。

寒くなったらこの上にコートを着ても◎

マフラーのように首元は暖かく、後ろはカシミヤニットがストンと
ある状態なので背中もあたたかです。

もちろん、素肌に触れてもチクチクしません。
JOHA(ヨハ)のメリノウールのインナー同様で、
これも選ぶ上では大事な点です。

 

ボタンを留めて来た時の後ろはこんな感じ。

襟元を集めてクシュっとすると、もう少し着丈は短くなります。

着方によっていかようにも変化します。

 

岡尾美代子さんのスタイリングしたCA&Co.のカタログの1ページ。

デザイナーの渡部まみさんにお会いした時に
おっしゃっていたことが印象的です。

自分で作ったセーターやマフラーを岡尾さんがスタイルリングし、
モデルの方が着た瞬間、魅力が何倍にも増したそう。

私も、ガーゼセーターの上にケープカーディガンを羽織った写真を見た時、
「こんな風に着たら格好いいだろうな」と愉しくなりました。

春の頃から楽しみにしていたのですから、
寒い季節には日々の暮らしで思う存分着たいな、
と思います。

so little

2018. 秋からの新しいお仲間 ② | CA & Co. その1

2018-10-06

夏の頃から待ちきれず、一足早くトートバッグをご紹介しました
CA & Co.(シーエー・アンド・コー)

いよいよカシミヤニットが届き始めました。

CA&Co.は、short finger の渡部まみさんがデザインする
秋冬向けのカシミヤレーベルです。

軽くて動きやすくとてもあたたかいカシミヤを、
普段の生活で気軽にずっと着られるように、
という思いで作られています。

<ガーゼセーター / ライトグレー×レッド >

早速、それぞれのニットを紹介してまいります。

驚くほどに軽くて柔らかいガーゼセーター。

子どもの頃、友人宅で手の平に小さなうさぎを
のせてもらった時の優しく愛しい感情が蘇ります。

ガーゼセーターはクルーネックの開きが抜群。

ボーダー柄は首元が詰まりすぎていると
少年のような ” わんぱく” 感が出そうで、いつも気にする点です。

弾けるような若さに似合う首の開き具合と
自分に似合う首の開きは必ずしも一致しないという現実。

気持ちは永遠に少年少女でもです。

□ grown in the sun / クライミングパンツ

SEA SALTのブルーグレーのスカートと合わせたら
いいかも? と。

嬉しいことにバッチリでした。

ガーゼセーターの気に入っている点のもう一つは、
シンプルでスッキリとしたデザインであること。

だからこそフレアたっぷりのこんなスカートとも
バランスがいいのかもしれません。

□ SEA SALT/ ラハリアスカート

軽やかなクルーネックのセーターと、
ゆったりのシルエットのケープカーディガンを重ねます。

憧れていたカシミヤの重ね着。

展示会でいただいたカタログのコーディネートが
とっても素敵だったので。

< ガーゼセーター/チャコール×ホワイト>

ボーダーのニットというとカジュアルなイメージが強いですが
CA&Co.のボーダーはコーディネートによっては
シックな着こなしもできます。

グレーのパンツと合わせたり
ウールのワイドパンツと合わせたりと、
大人のボーダーを楽しみたい。

見ても触れてもわかるようにCA&Co.のカシミヤは
とても上質です。

なのでお値段を知った時はお手頃でびっくりしました。

この度紹介したボーダーの他に、
少し遅れてライトグレーも届く予定です。

□ SEA SALT / スラウチパンツ

次回は、一目惚れだったケープカーディガンをご紹介します。

ユニークなデザインでいく通りの着方もできる
カーディガンです。

so little

2018.8月 | 新たに お仲間入りです

2018-08-01

2018年の秋より新しくお取り扱いが始まります、

CA & Co.(シーエーアンドコー) 

CA & Co.は、葉山に暮らし、葉山を拠点に活動されている
ニットブランド『 short finger (ショートフィンガー) 』の
デザイナー/ 渡部まみさんがデザインする
秋冬向けのカシミヤレーベルです。

 

春も早い頃、CA &Co.の展示会で拝見したカシミヤのニット。

寒い季節、こんなセーターと共に日々を過ごせたなら、
どんなにいい気分で、気持ちは軽く体は暖かに暮らせるだろう、と
想像しました。

 

 

夏は終わって欲しくないけど、あのカシミヤのセーターは早く着たい…

そんな気持ちをおさえられず、
先行して出来上がったトートバッグを早くに送っていただきました。

外がどんなに暑くてもトートバッグなら今から楽しめます。

 

上の写真のスタイリングは、スタイリストの岡尾美代子さんです。

9月頃にはカタログも完成するそうですので
こちらもまたお楽しみに。

 

カシミヤのニット、マフラーなどをご紹介できるのはまだ先ですが、
新しいお仲間『CA & Co. 』もどうぞよろしくお願いいたします◎

so little