Archive for the ‘good foods’ Category

白のれんの確かさ

2014-09-05

DSC04805
白い暖簾のとんかつ屋。
清潔で整った店内。
働く人たちの所作や動きに無駄はなく美しい。

ビールを飲み、とんかつの揚がりを待つ間も退屈しない。
懐かしい黒電話には、予約の注文がひっきりなしに入る。

肉に衣を付けると、背にしている油の大鍋にゆっくり滑り入れる。
揚げ上がりをゆっくりさっくりと切る包丁。
山盛りの千切りキャベツの上には深緑のパセリがのって待っている。

「6時40分に品川駅なんだけど、間に合うかな?」
入って来たお客さんが尋ねる。
『揚げるのに20分かかりますので、厳しいですかね。
でもお持ち帰りなら大丈夫だと思います』

他人事ながら良かったな、と思った。
少し小走りをしたとしても、ここのとんかつは食べたい。

カウンターの席から見える白のれんは
さっきよりも風で揺れていた。
so little

香菜とレモンはたっぷりで、

2014-08-26

(203)
気持ちはもう、この店でフォーを食べている。
so little

食欲の土曜日

2014-08-23

DSC04661
パスポート用の写真を撮りに行こうと思い、
今朝はどのシャツを着るか迷った。
10年は使うのだから、とっておきがいい。

リネンシャツにするのか、だとすると色は?
やっぱりオックスフォードシャツにしようか?
いや、今日はまだ暑すぎる。

で、選んだのは
SUNSHINE + CLOUD のカディコットンのシャツ。
でも結局時間が無くなって、朝は写真を撮れなかった。

DSC04663
パスポート用の写真は、SUNSHINE + CLOUD の
イエローのリネンシャツを着ようと決めていた。

でも、どうしても昼食のバケットサンドを買いたくて、
写真を撮りに行くのを諦めた。
学校町通りの入口にある、スズキ食堂車さんの
コンテチーズとハムのバケットサンド。

食の欲は秋だけじゃない。
so little

甘辛

2014-06-19

(230)
大好きなスパムむすびがある。
それは、ホテル内にあるスナックショップで
作られている物だった。

海で泳ぎ、お腹が空くとスパムむすびとスープ、
コーヒーを買ってまた海へと戻る。

今はもう、そのスナックショップは無くなってしまったけど、
初めて食べたスパムむすびがとびきり美味しかったから、
海へ泳ぎに行く頃になると、
甘辛のたれがしみたご飯の味を思い出す。
so little

朝はパン党

2014-04-09

20140407-214737.jpg
いつの頃からか朝食はパン党になった。
近所のパン屋の食パンか、イングリッシュマフィンの事が多い。
時々、フルーツやナッツがたっぷりの
パウンドケーキやマフィンの日がある。
珈琲をおかわりして、いつもよりゆっくりと戴く。

でもゆっくりし過ぎて、仕事へ行くのが少しだけ
億劫に感じる時もあるから、
平日はやっぱりいつもの食パンの方がいい。
so little

SUNDAY

2014-02-23

20140223-093446.jpg
日曜日。
父のいとこが打った蕎麦の朝食。
この蕎麦は、父といとこがソバの実を栽培し、
挽いて作られたもの。

蒔いたソバより収穫したソバの実の方が
少なかった、とか。
そんな道楽蕎麦の味は、
二人のように穏やかな味がした。
so little
20140223-093458.jpg
SUNDAY
grown in the sun

お正月の味、再び

2014-02-15

20140215-230546.jpg
火曜日、山間の小さな町に行った。
野沢菜漬けやぜんまいの煮物、
地酒や叔母が作った昆布巻と
お餅を持ち帰った。
小さなお正月がまた来たよう。
美味しい。
so little

花の蜜

2014-02-10

20140209-232318.jpg
年配のオーロラさんの住む家の裏に、人工の小さな川を挟んで
丁寧に世話をされた畑がある。
仕事を引退後、畑仕事に精を出す近所の人の畑だ。
その方が二年前から養蜂を始めた。
「気象によって、蜂が一斉に音を立て、ブンブンと舞う日があるから驚かないで」と
川越しに聞いた事があった。
そんな場面ならぜひ見たいものだと、話を聞きながら思った。

秋になり、その方が採れたばかりの蜂蜜を
お裾分けです、と訪ねてきた。
「御宅の庭の花の蜜も入ってますよ」
などと嬉しい事を言ってくれる。

小匙ですくってそのままの味をみた。
濃いけど少し爽やかさも感じる蜂蜜。
初めての味だ。

後日、年配のオーロラさんは、
「美味しかったです。もっと花を植えますてね」と、
川越しに大きな声でお礼を言っていた。
so little

スキー場のアメリカン

2014-01-30

20140129-182947.jpg
学校から帰ると100円をポケットに入れ、
いつもの友達と3人でスキー場へ向かう。
高学年になってからは、クロスカントリーの部活があったから
あまり行かなくなったけど。

そんなにスキーは上手くならなかった。
リフトの高さも恐かった。
「あの鉄塔の所は結構揺れる」という場所があって、
ストックを持たない方の手でしっかりと椅子を掴みながら、
通り過ぎる時を待つ恐怖。

でもリフト乗り場の奥の売店で食べる
“アメリカンドック” は楽しみだった。
子供のわりにマスタードの量は多めだった気がする。

昨日は一緒にスキーに行っていた友人の誕生日。
あの小さなスキー場の事を思い出していた。
so little

牛の身代り

2014-01-22

20140122-220919.jpg
今日の味のカレンダーはロックフォール。
羊のミルクで作る青カビのチーズ。
青カビのチーズにはゴルゴンゾーラもあるが、
そのゴルゴンゾーラに濡れ衣を着せた事がある。
牛ステーキをゴルゴンゾーラソースで食べた日、
食あたりになり辛い思いをした。
どう考えても怪しいのは牛肉だと思うのだけど、
これを機に牛肉嫌いになったら困ると思った。
なので、ゴルゴンゾーラだと思うようにしたのだ。

それからはあまり食べていない。
嫌いなわけではないが、少し申し訳ない気がしている。
まだ許してもらえていない様な気がして、実は遠慮をしている。
so little