Archive for the ‘S+C other’ Category

S+Cの2タイプのエプロン

2019-08-02

SUNSHINE+CLOUDのリネンのエプロンを2種類。

一つはお馴染みのエプロンドレス、
もう一つは、この度初めてご紹介する「ぐるぐる紐」のタイプです
←名前がないのです。

 

under  the sun wear / エプロンドレス(l.grey)
under  the sun wear / リネンのワンピース

後ろでクロスするタイプ。
肩から落ちてこず、肩こりもなし。

洋服の一部になるようなデザインと
機能も優れているので、エプロンドレスは入荷の度に好評です。

お商売をされていらっしゃる方々から
お選びいただくことも多いです。

 

under  the sun wear / エプロンドレス(white)
SEA SALT / リバティプリントのラハリアパンツ

 

白は、汚すことが気になって敬遠しがちですが、
でもいざとなったら漂白できるので◎

 

エプロンは洗濯をしたら、できるだけ早く乾く方がいい。

以前、やや厚手のコットンのものを使っていたのだけど、
油断ならないのが、布の重なるポケットのところ。

 

ササッと洗って、サッと乾く。
洗いたてが気持ちいいのはエプロンも同じ。

 

under  the sun wear / ぐるぐる紐のエプロン(l.grey)
SEA SALT / リネンのパンツ

 

首にかける紐は、左側の胸元にあるループに通し、
好きな長さで結びます。

いちいち結び直したくないから、頭の通る長さに合わせています。

男性が身につけても格好いいので、
一家に一枚のエプロンです。

 

こちらのタイプ、今回はwhiteの生産がキャンセルになり
ご紹介できないのが残念です。

きっと白も素敵だったはず。

so little

ハサミポーセリンのS+C オリジナルマグ

2019-04-18

先日のblogでお知らせしておりました、
SUNSHINE+CLOUDのオリジナルマグが4/19に届きます。

初めてご紹介したのが2016年春でしたので、
日々の暮らしで使い始めてから3年が過ぎました。

 

気に入ったマグに出合ったらこんなふうです。

実際に持ち手をしっかりと指に持ち、
飲み物が注がれた重さを想像したりしながら、

持ちやすいだろうか?
飲み口の感覚はどうだろう?
しまう時に場所を取らないかな?
手に熱が伝わりすぎると、熱々の飲み物のご馳走感が厄介に感じるな、
とか…

あれこれ想像して決めています。

 

気に入っていたはずなのに、気づけば使う頻度が減り、
そのうち引き出しに入り、という道をたどる物もある中で、
このマグは3年間 いつもの棚に置いてあります。

 

ピタリとスタッキングができるのが嬉しいね〜。

 

□ 富井貴志さんの白漆のリム皿
□ 京都 菓子店 千茜(ちせん)さんの白いちじくのケーキ

so little

SUNSHINE+CLOUD のオリジナルマグ

2019-04-13

DSC01696

ハサミ ポーセリン(HASAMI PORCELIN) の、

SUNSHINE+CLOUD のオリジナルマグが

久しぶりに入荷いたします。

 

HERS 5月号(最新号 2019.4/12発売) の

『私を整える朝』の特集にてご紹介をいただいています。

掲載のご依頼を頂戴し、嬉しいです。

 

アメリカ L.A.にある「TORTOISE」(トータス) の
ディレクションの波佐見焼のマグ(HASAMI PORCELIN 製)の
カップ内側底に、SUNSHINE+CLOUDのオリジナルの
プリントが入っています。

[ LIFE IS SWEET ]
[ LIFE IS BEAUTIFUL ] ← 終了しました
[ ALOHA ]
[ GOOD JOB ] の4種類です。

サイズは S(11oz) 約325ml / ¥2200(+tax)

 

DSC09399

届きましたら改めてこちらのblogにてお知らせする予定です。

入荷のお知らせ、ご予約もお受けしております。
ご希望がございましたらメールにてご連絡くださいませ。

● メール / solittle2013@gmail.com

so little

 

 

37℃ | 本領発揮のビーチウォーク

2018-07-15

ビーチに行かずともビーチウォークはよくよく着ます。
山あいの町でも、高いビルに囲まれた街でも。

むしろビーチで着ることの方がぐっと少ないですが、
春から夏、夏から晩夏と、
それぞれの季節の着方を楽しんでいます。

□ UNDER THE SUN WEAR / リネンオーバーダイのビーチウォーク
□ SEA SALT / カーディガン
□ SEA SALT / スラウチ5ポケットパンツ
□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(moss)

再放送でカーネーション(NHKの朝ドラ)を観ました。
頻繁に” あっぱっぱ ” が登場する回です。

ゆったりと涼しく、とっても快適なビーチウォークと
“あっぱっぱ” が重なりました。

蒸し暑い日本の夏にピッタリのビーチウォーク。

昔から考えられていた「快適に過ごす衣服」と
通じるものがあるからこそ、しょっちゅう袖を通しては、
『やっぱりビーチウォークって好きだなぁ』なんて
思っているのでしょうね。

□ UNDER THE SUN WEAR /リネンストライプのビーチウォーク

so little

琉球藍染めのビーチウォーク

2018-04-09

さてさて、今年もビーチウォークを紹介する頃となりました。

まだビーチウォークの季節には早いようですが、
新潟の夏は残念ながら短い。

 

大好きなビーチウォークを思う存分楽しみたいから、
春からカーディガンやロングシャツを羽織って出かけます。

 

□ SEA SALT /カーディガン
□ UNDER THE SUN WEAR / 琉球藍染めのビーチウォーク(indigo navy)
□ SEA SALT /スラウチ5pパンツ(f.blue)
□ AURORA SHOES /ウエストインディアン(black)
□ Ghost Dance / アンティークのホワイトビーズブレスレット
□ Ghost Dance / シークレットスタンプシルバーバングル

 

真夏以外はほぼパンツを合わせることが多い。

スラウチパンツが登場するまでは、
ルーズデニム(膝当ての付いている)や
クロップドブッシュパンツなどを合わせていたけど、
昨年からはスラウチパンツばかり。

自分の中では『真打登場!』くらいに思っているので、
+スラウチでカラーを変えて、大好きな両方のアイテムを楽しむ。

 

こちらはインディゴネイビー。

濃紺ではないけど、インディゴの色合いやや深め。

 

やや明るめのこちらがインディゴ。

リネン100%
新品の時の麻はハリっ、としているけれど、
徐々に肌触りも、見た目も柔らかになっていく。

 

今年のビーチォークは奄美大島から届きました。
奄美で染めた藍のビーチウォークです。

 

” 奄美の空気を感じていただけるように ” と、
珊瑚のチャームがそれぞれに付いています。

 

そして、ビーチウォークと一緒に手紙が添えられていました。

以下手紙の一部分です。

「こちら奄美はだんだんと日差しが強くなり、
ずいぶんと日も長くなりました。
山の緑や空の青、自然のコントラストが美しく、
鳥たちも楽しそうにうたっています…..」

 

まだ一度も訪れたことのない奄美大島だけれど、
いつの日かこの景色を見たいな、と思います。

so little

□ grown in the sun / コットンリネンカーディガン
□ UNDER THE SUN WEAR / 琉球藍染めのビーチウォーク(indigo)
□ SEA SALT /スラウチ5pパンツ(f.blue)
□ AURORA SHOES /ニューチャイニーズ(black)

もうひとつのクルーネック

2017-11-15

grown in the sunの 冬のクルーで忘れていけないのは、
「COTTON WOOL CREW」

背番号『 7』の格好イイあれです。
私が着ているのは3年目のCWC。

コットンとウールが半分半分のニット。
今はトレーナーのようにして気軽に着ています。

 

□ grown in the sun / コットンウールクルー
□ grown in the sun / ワイドアーミーパンツ
□ AURORA SHOES /ミドルイングリッシュ

 

この度はsize 1のみのご用意です。
本日中に商品一覧にupいたします。

so little

優れもののヴィンテージクルー

2017-10-07

この秋もヴィンテージクルーが
葉山のSUNSHINE+CLOUDより届いています。

 

生地はTシャツより厚く、コージークルーより薄手のヴィンテージクルー。

ヴィンテージクルーが登場してしばらくは、
新潟ではいつの季節にフィットするのだろう?とわからないでいた。

 

でも着てみると、夏以外ならいつでもOKの優れもの。
日々の暮らしにも旅先でも、もう無いわけにはいかなくなってしまった。

百聞は一見に…じゃないけど、
あれやこれやと想像するよりも、一度袖を通してみるのが何より。

 

程よい厚みのパイル地だから、シャツやジャケットを羽織っても
ムクムクしない。

これもヴィンテージクルーの活躍する理由の一つ。

もうじき届く、復活組のポストマンジャケットや、
ウェイターズジャケットとの相性もばっちりなはず。

 

先月末、東北へ行く際の荷物に白のヴィンテージクルーを入れた。
「そうは言ってもそこまで寒くはないだろうな」と迷いながら。

で、着いて早々に袖を通すことに。
それだけでは寒く、着ていたシャツを上に羽織る。

 

秋はいつもこうだ。
数日前は長袖シャツでさえ暑く感じていたのに。

 

□ grown in the sun / ヴィンテージクルー
□ grown in the sun / ルーズ&フィット
□ AURORA SHOES /ミドルイングリッシュ

so little

新作組 / 2 (CARDIGAN)

2017-09-25

こちらは新作組のカーディガン。

その名も『 THE CARDIGAN 』です!

正直な第一印象は、「ごくごく普通のカーディガンかな」でした。
でも着ると、”やっぱりサンシャイだね ” って。

着丈は抜群に好みだし、袖口や裾が少しラフな感じもいい。

 

実はこのカーディガン。
日本の古くからの技術を活かしたカーディガンとのこと。

でもそういうことを前面に出すこともなく、
「ここがすごいんだよ」と自慢することもない。

着る人にはそんな説明がなくても、
心を愉しく揺さぶる何かを感じるのだろうな。

so little

継続組 / 1 ( VINTAGE CREW )

2017-09-22

2017年 秋冬も、grown in the sunのヴィンテージクルーが
とてもいいです◎
今までにない、落ち着いた色合いのラインナップが新鮮です!

dust(ダスト)、olive(オリーブ)、定番色のgreyとwhite.
商品一覧に詳細をUPいたしましたのでご覧くださいませ。

コーディネートにつきましてはまた後日に。

 

ご紹介するのが追いついていませんが…..
SUNSHINE+CLOUDの商品の入荷は続いております。

so little

本好きのロッキングチェア

2017-07-24

実家の居間にロッキングチェアが1脚ある。

忙しくしていた若い頃、
「いつかロッキングチェアに揺られながら1日中本を読みたい」
と、夢見ていた母が十数年前に購入したものだ。

 

誕生日のお祝いを『暮しの手帖 』の定期購読にしたのもちょうどその頃。
「今日届いてもうほぼ読んだから」と、今でも律儀に連絡がある。

 

雨の月曜日。
今日は父から連絡があった。

” 届いて今、封を開けてるところ ” ライブ感のある電話でおかしかった。

あのロッキングチェアの背にこのクッションがあったらもっといいかも、
とふと思った。

so little