Archive for the ‘S+C shirts’ Category

薔薇のピンク、シャツのピンク

2020-07-28

長雨で庭の様子が気になってぐるり見に行くと、

薄ピンクの薔薇がそぼ濡れていた。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / カクタピンクのチェックシャツ
□ SEA SALT / クロップドワイドパンツ

so little

オールリネンのレイニーデイ

2020-07-07

朝晩、涼しい日が続いています。
今朝は目が覚めたら体が冷えているのがわかりました。

 

でもやはり梅雨時期。

じっとりまとわり付くような重さを感じる湿気を
振り払うようにして、
SUNSHINE+CLOUDのオールリネンで1日を始めます。

 

□ grown in the sun / マドラスチェックのマリブシャツ
□ grown in the sun / リネンのルーズ&フィット

so little

WHITE SHIRT

2020-06-23

着るか着まいか迷い置いていかれた白いシャツ

山へと向かう

肌寒い朝の出来事

 

□ SUNSHINE +CLOUD / オックスフォードシャツ

so little

白いシャツと六月の夕暮れ時

2020-06-19

金曜

肌寒く、久しぶりに白いシャツを着る。

雨の日は、
山の緑を一段と濃く感じる。

日の入り時刻近く、東の山に帯のような陽が差した。

この町の朝と夕暮れ時に見せる一瞬の光は
旅心をくすぐる。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / コットンリネンのオープンスタンダシャツ
□ grown in the sun / SWITH OFF 半袖Tシャツ

so little

サボテンのピンク

2020-06-12

肌に感じる夏の気配

梅雨入りしたグレーの雨空

庭に育つスカシユリの蕾

進む方向に見える遠くの山にはまだ白い雪が残る

 

どっちつかずの季節のはざまに

サボテンの花の色のリネンシャツを着る

 

着慣れたシャツがあれば、どんな季節にだってフィットする

 

□ SUNSHINE+CLOUD / カクタスピンクのチェックシャツ

so little

一日の始まり

2020-04-28

ある距離感を保ちながら時は流れ、

少し肌寒かった4月は終わる。

so little

シャツとデニムを着替えて

2020-04-27

あっ散歩へ出かけたな、とわかる部屋の風景。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / カクタスピンクのチェックシャツ
□ デニム

so little

 

スパイスラボのユニフォーム

2020-04-22

SUNSHINE+CLOUDのインディゴのリネンのロングシャツ。

大の気に入りのヘビーユーズアイテムです。

忘れもしない2018年、阪急百貨店へ行く途中の歩道橋の手すりに
ひっかけて、ポケットをビリっと破いてしまいました。

 

その後もチクチク縫って補強をしつつ愛用していましたが、
さすがに出かける時に着るにはちょっと…という感じに。

そんな時に新たな道が現れました。
スパイスカレーを作る時の『コックコート』としての道。

 

エプロンもいいのだけれど、袖も襟もある方が汚れずに安心。
おまけに研究室のような雰囲気も!

スパイスラボのボスに (私は助手なので) このシャツを譲りました。

 

これもまたバトン。
スパイス香る美味しいロングシャツに変身です。

so little / 小満

白いシャツに似合うこと

2020-04-15

これはいよいよ老眼だ。
小さな文字が読みにくくなってきた。

人生初のメガネは、
白いシャツに似合うフレームにしようと、
SUNSHINE+CLOUDのシャツを着て出かけた。

 

清々しい (老) 眼鏡デビュー。

気持ちのよいシャツのおかげかな。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / コットンリネンのオープンスタンダシャツ

so little

カクタスピンクのシャツを着る

2020-04-12

乾燥した大地の色をカーキのパンツにみたて、
カクタスピンクのシャツを合わせた。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / カクタスピンクのニューウエストシャツ
□ grown in the sun / ローバーパンツ(現在取り扱いなし)

so little

白シャツとチャコールのパンツ

2020-03-29

用事で出かけた先から少し遠回りをして海沿いへ出た。
気温の低い日だったけど、日差しは間違いなく春だ。

さて、そろそろ白シャツの出番が増えるぞ。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / ボストンシャツ
□ grown in the sun / 5FISH 9LONG 長袖Tシャツ
□ grown in the sun / コットンリネンのルーズアンドフィット

so little

連想ゲーム

2020-03-25

黄色のマリブシャツとチューリップを
眺めていた日の夕食は、

シンガポール風 10種スパイスのチキンカレー。

 

(きいろ=キレンジャー=カレー )
単純明快

so little

マドラスチェックを着る

2020-03-21

今季のマリブシャツの一番の魅力は、
なんと言ってもこの『マドラスチェック』の
色合い。

デニムやコットンパンツ、ショーツの
ごくシンプルなスタイルにこのシャツを着ると
よくわかります。

洒落たエッセンスを振りかけられたように
ズバッと決まる。

 

そしてポケットがないタイプのマリブシャツなら、
こんな風にワンピース、スカートと着るのも
いいなと思います。

 

□ grown in the sun / マリブシャツ
□ JOHA / メリノウールのレギンス
□ AURORA SHOES / ウエストインディアン

 

ボタンを留めずに羽織るスタイルも
様になって格好いい。

これはSUNSHINE+CLOUDのシャツに共通する点。

□ grown in the sun / マリブシャツ
□ SEA SALT / ジョッパーズパンツ
□ AURORA SHOES / ニューチャイニーズ

so little

マリブシャツ without pocket

2020-03-20

先日入荷のお知らせをしました、
SUNSHINE+CLOUDのマリブシャツ。

オリーブ色のパンツとの相性も抜群です。
今日はベイカーパンツに合わせています。

 

春夏のマリブシャツは、リネン素材の
軽快なマドラスチェックを選びました。

チェックの配色、とってもいいと思いませんか!
着ればおおらかな気持ちになるような。

僕たちはひと目で気に入りました。

 

マリブシャツといえば、
左胸のフラップポケットも特徴の一つですが、
今シーズンはポケットなしのタイプを。

僕はマリブシャツファンなので、
どちらのタイプも好きですが、ポケットのないのも新鮮ですね。

S+Cの他のシャツ(new westやnew standa…)には
全てポケットが付いているからかな。

 

□ grown in the sun / リネンのマリブシャツ
□ grown in the sun / ベイカーパンツ(現在取り扱いなし)
□ AURORA SHOES / ミドルイングリッシュ

so little

 

月曜日のスイッチ

2020-03-16

洗い立てのエプロンをバサリっと広げ
身に着けた時の気持ち良さよ。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / リネンオーバーダイシャツ(new west)

□ CA&Co. (a un pas) / リネンのエプロン

so little

リネンシャツのある風景

2020-03-14

山の風景が広がる町で、

鼻先にほんの一瞬、潮の香りを感じる時。

so little

 

 

美しい色をそのままに

2020-03-08

どんな日も午前中の自然光で撮影をしている。
それが晴れの日ならば万々歳。

窓越しの暖かな日差しは、本来の美しい色を
写してくれるから。

 

SUNSHINE+CLOUDのリネンオーバーダイシャツ。

この色はチャコールグレー。
なんと表現したらいいのか迷う色。

深い深いグリーンのような色味も感じるチャコールは、
オリーブやカーキ、ベージュと相性が抜群にいい。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / リネンオーバーダイシャツ(charcoal)

 

『どんな色ですか?』という質問に
なんて説明したらいいのか迷う時あるよね、と
二人で話たことがあった。

 

” 僕はこの色が好きです ” とか、”いい色です ”
しか出てこないくらいにいい色ってあるよね、と。

 

雨の日に撮った画像はグリーンがかって見えた
カーキ色だったけど、お天気の日に撮り直したら
実物の色合いにより近くなった。

 

□SUNSHINE+CLOUD / リネンオーバーダイシャツ(khaki)

 

もともと khakiは土埃という意味の言葉。

カーキというとミリタリーものを連想するけど、
そこはサンシャイン。
洒落っけたっぷりの洗練されたカーキ色になっている。

so little

ベーシックカラーのシャツとパンツ

2020-03-06

SUNSHINE+CLOUDの春物が少しずつ届き始めました。
出揃うのは4月上旬頃でしょうか。

春の始まりはベーシックカラーのものから。
色鮮やかなアイテムは、気温の上昇に合わせるようにして
届くといいなぁ、と思っています。

 

定番のイタリアリネンのオーバーダイのシャツは、
カーキとチャコールグレー。

パンツはチャコールグレーの
コットン+リネン素材のルーズアンドフィット。

 

ニュースタンダシャツ(リネンオーバーダイ)

::: S+Cのシャツモデルのおさらい :::

NEW STANDA は、被りのタイプのボタンダウンシャツ(SLIP ON)の
形をそのままに、襟をスタンドカラーにしたもの。

身幅、肩幅、腕周りはゆったりで、
着丈は少し長めなのが特徴。

 

ニューウエストシャツ(リネンオーバーダイ)

SUNSHINE+CLOUDのシャツといえば、
このニューウエストコーストボタンダウンシャツ。
略して『NEW WEST』

シャツの前立てのないデザインはすっきりとした印象。
例えば、上から4番目のボタンだけを留めて着たりしても格好いいし、
ワンピースやノースリーブのドレスの上に羽織るのもいい。

 

この日はカジュアルなデニムと。

 

今年のカーキの色合いはとても上品。
グレーのリネンパンツ、軽い素材の濃紺のパンツや
白のパンツ、スカートなど、
清潔感漂うシックなリネンシャツのコーディネートを
楽しみたいと思っています。

 

ルーズ&フィット(コットンリネン)

シーズンで素材を変え登場するloose and fit.
腰、お尻、太もも周りはゆるやかなデザイン。
しっかり濃ゆい墨黒のような色合いのチャコールグレー。

3月といえども新潟の空はまだグレーだ。
いきなりピカーンっていう春色の変身は少し照れくさい。
まずは素材から春の装いになろう。

so little

ギンガム・チェック

2019-07-03

1990年、
『ギンガム・チェック』という本がありました。

内容はまるで記憶にないのだけれど、
表紙をめくると一面に、こんな色のギンガムチェックが
現れてきたことを覚えています。

 

□ SUNSHINE+CLOUD/ 半袖のリネンシャツ(ニュースタンダ)
□ grown in the sun / コットンリネンのクライミングパンツ(white)

 

□ SUNSHINE+CLOUD/ 半袖のリネンシャツ(ニュースタンダ)
□ grown in the sun / コットンリネンのクライミングパンツ(olive)
□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(moss)

 

ギンガムチェックのシャツを着ると、
気持ちが少し浮き立ち、
楽しい空気が流れ始めるから不思議です。

「今日はどのシャツを着ようか?」と家族が悩んでいる時は、
” ギンガムチェックがいいのでは?” とすすめてみると、
100% 決まりです◎

so little

おシグです、

2019-07-02

ある時から親しみを込めて ” おシグ” と
呼ぶようになった Sig Zane (シグゼーン)の服。

「今日は何を着て行く?」
『おシグです』と、こんなふうです。

でも最近は、” おすぎですっ”  寄りの言い方に。

そして時々、
「おシグですっ、ピーコですっ」と、
完全に言ってしまっている時がある。

 

SUNSHINE+CLOUDより、今年の夏もSig Zaneのアイテムが届いています。

近頃は Sig をいかにシックに着こなすか、が目標。

「おシグ」のブリージーショーツを履きこなすのは上級、
という思いがずっとありましたが、
麻素材のブリージーショーツは、女性にもおすすめです。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / リネンオーバーダイシャツ(ニュースタンダ)
□ grown in the sun / シグゼーン リネンのブリージーショーツ
□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(moss)

 

こちらは刺繍バージョン。

生地の表面に動きがあり、
着用している時の方がだんぜん素敵なシャツ。

□ SUNSHINE+CLOUD / シグゼーン コットンリネンシャツ(ニューウエスト)
□ grown in the sun / リネンのクライミングパンツ

so little