Archive for the ‘S+C shirts’ Category

HAPPY CAMPER とCAMP POLO

2018-06-11

お久しぶりに「ハッピーキャンパー」が再登場。

” これぞ grown in the sun !” というワクワク心が膨らむ
キャンバストートバッグです。

まずはグリーンとブリックの色合いが最高に気分を盛り上げ、
バッグ底のSURF とOCEANのロゴでノックアウト。

 

山間の町に生まれ、今年から山間の町に戻ってお店を営み、
名は山田。

サーフィンは上達せずにすぐに断念し、キャンプへもほぼ行かない。

 

断然『山』寄りの、このバッグとは無縁のような人間ですが、
このトートバッグの格好良さはとってもよくわかります◎

 

冒険、探検、旅は大好きですが、
キャンプをしたのは中学生の時が最後。

実はポロシャツも久しぶり。

学生の頃、雑誌 POPEYEやOLIVEの影響で、白のFRED PERRYのポロシャツ以来。

トートバッグ同様、このポロシャツともかなり遠いところにいる人間ですが、
そんな人でも着たくなるのが、grown in the sun のキャンプポロ。

裾にフラガールの刺繍を入れられたら…. もうねぇ。。

 

□ grown in the sun / キャンプポロ
□ grown in the sun / デニム地のクロップドブッシュパンツ
(後日 紹介予定)
□ grown in the sun / ハッピーキャンパー
□ AURORA SHOES / ニューメキシカン

so little

首を長くしていた理由

2018-04-30

SUNSHINE+CLOUDのロングセラー |
リネンオーバーダイシャツ。

毎年心待ちにしていらっしゃる方も多い不動の人気者。

でも「ボタンダウンがあまり似合わなくて」と、
おっしゃる女性が多かったのも本当。

そんな方たちにも、リネンオーバーダイシャツの
良さを知っていただけたら嬉しいな、という思いもあり、
ニュースタンダの到着を待っていました。

 

□ SUNSHINE+CLOUD /LOD ニュースタンダシャツ(Papaya)
□ grown in the sun  / リネンのルーズ&フィット(l.grey)
□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(moss)

 

□ SUNSHINE+CLOUD /LOD ニュースタンダシャツ(white)
□ SEA SALT / クロップドワイドパンツ(f.blue)
□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(moss)

 

□ SUNSHINE+CLOUD /LOD ニュースタンダシャツ(white)
□ grown in the sun / クライミングパンツ(navy)
□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(moss)

 

□ SUNSHINE+CLOUD /LOD ニュースタンダシャツ(moss)
□ grown in the sun  / リネンのルーズ&フィット(l.grey)
□ AURORA SHOES / ニューメキシカン (black)

 

昨年までは、小さな丸襟で胸ポケットの位置に切り替えの
ある『ボストン』というシャツがありました。

春になり『今年もリネンのボストンありますか?』という
お問い合わせを頂戴しました。

 

” 残念ながらもうボストンはないのだけど、
スタンドカラーのシャツがオススメです”と
お話をしました。

 

以前にもお伝えしましたように、
ニュースタンダはスリップオンシャツの形はそのままに、
ボタンダウンの襟がスタンドカラーになったものです。

もともとゆったりとしたデザインのスリップオンシャツ。
リネン素材は、そのデザインをより感じられるように思います。

 

どの色を選ばれても後悔はしないはず◎

むしろ『あの色も欲しくなっちゃうな』という
誘惑が危ない。

そんな魅力的な4色を揃えています。

 

□ SUNSHINE+CLOUD /LOD ニュースタンダシャツ(blue)
□ SEA SALT / クロップドワイドパンツ(indigo)
□ AURORA SHOES / ニューメキシカン(black)

 

シャツとコーヒー

2018-04-29

SUNSHINE+CLOUDのニュースタンダシャツ
商品一覧にupいたしました。

COFFEE MILK 半袖Tシャツも届きました。

Tシャツのジワリジワリ入荷はまだ続きます…

so little

ボタンダウンのリネンオーバーダイシャツ

2018-03-28

毎春のお楽しみ。
SUNSHINE+CLOUDのリネンオーバーダイシャツ。

イタリアのカンクリーニ社の上質なリネンは、
着るほどに体に寄り添うように柔らかに馴染む。

 

天気予報を見なくても、桜の開花時期を知らなくても、
リネンシャツに袖を通したくなったらもう春。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / リネンオーバーダイシャツ(blue)

□ grown in the sun / コットンリネンカーディガン(grey)

 

このシャツの着心地、仕立ての良さ、サイズ感は
十分わかっているので、あとは何色を選ぶ?と悩むだけ。

夜の始まる前の一瞬の海のような、
ほんの少しパープルを感じるような青。

子どもの頃なら、もう家に帰らなきゃいけない時間の海の青。

 

この春は『NEW WEST』のスタイルをブルーとモスで。

これから届く『NEW STANDA』は、ブルーとモスの他に
白とパパイヤ。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / リネンオーバーダイシャツ(moss)

□ WESTBOUND(S+C) / LAテーパードデニムパンツ

□ AURORA SHOES /ミドルイングリッシュ(brown)

 

ウグイス色に近い柔らかな色。
春の陽に照らされたシャツは、
うっすらときな粉のかかった「うぐいす餅」を思い出す。

そういえば、昨年のレモン色は「タマゴサンド」のようだった。

 

それくらいS+Cのリネンシャツは、
いつもやわらかで穏やかな色合い。

so little

SUNSHINE+CLOUDのニューウエストシャツ

2018-02-24

SUNSHINE+CLOUDのオリジナルのチェックシャツ。

今日はNEW WEST のご紹介です。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / オリジナルチェックシャツ(new west)

□ grown in the sun / ザ カーディガン

 

リネンのシャツにはまだまだ早い新潟。

肌寒い時分には、
シャツの下に白のヴィンテージクルーを着ることが多いです。

 

暖かいという理由だけでなく、下に白を重ねたら、
S+Cのシャツそのものの綺麗な色も楽しめるから。

このピンクもきっちり楽しみたい、いい色です。

そしてこのシャツは何色を合わせても似合んです。
どんな色のパンツやジャケットでも、
あらホント!となります。

 

F/styleのホールガーメントのウールニット
重ねています。
色はアイボリー。

 

ヴィンテージクルー同様、かさばらない暖かさと
ニットの袖丈と着丈が、シャツを重ねた時も
バランスよし、です。

 

実は最初の画像とこの画像は、
だいぶ以前に求めたS+Cのシャツを着ています。
シャツの素材はコットン+リネンでした。

 

当時、自分に合うサイズがあったので  “やったー!!” と
すぐに飛びつきましたが、夫は自分のサイズが完売していて、
ひどく残念な思いをしていました。

今年の春、素材がリネン100%になって再び登場。
飛びついたのは云うまでもありません、、、ね。

so little(west)

S+Cの春はシャツから

2018-02-22

一足早く届く葉山 からの春。
このシャツを皮切りに、SUNSHINE+CLOUDの春物をスタートです。

 

雪疲れ、寒さ疲れのこの冬は、
いつも以上に春の訪れが待ち通しい。

 

冬の空の合間に青く晴れた日があったりすると、
すごくシャツを着たくなる。

そういう日が増えてくるともう春も近いのかな、と思う。

 

スタイルは『NEW  STANDA』
ニュースタンダは、定番のオックスフォード地で昨年登場。

 

スリップオンシャツの形をそのまま受け継ぎつつ、
襟をスタンドカラーに変化したシャツです。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / ニュースタンダシャツ

□ grown in the sun / アルパカカーディガン

□ grown in the sun / スリーピングバッグローバーパンツ

 

以前、こんなピンクのチェックのシャツがありました。
そのシャツがとっても気に入りで、よくよく着ています。

 

軽快さ、爽やかさ、程よいピンクの分量は品よく、
シャツ一枚で着ても、カーディガンやジャケット、ニットを重ねても
抜群ですから、このシャツだって同じように活躍するはず。

 

SEA SALTのカラーレスシャツを着るようになってから、
こんな襟のシャツが前にも増して好きになった。

 

全部ボタンを留める。
上のボタンだけを外す。
上から二つを外す。

シャツの表情がガラリと変化して、その日の気分でボタンを留めたり
外したりも楽しい。

 

次回は『NEW WEST』を紹介いたします。

so little (west)

晴れた日の白いシャツ

2018-02-14

静かな朝だった。
「今日も雪かな」とおそるおそる外を見ると陽光が見えた。

久しぶりに白いシャツを着ようかな、と思った。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / オックスフォードシャツ(new west)

 

トーマス君

2017-09-12

2017年の秋物。
一番最初に紹介するのは、トーマスメイソンの上質な生地の
ニューウエストコーストボタンダウンシャツです。

定番のシャツなので、すでにご存知の方も多いと思います。

 

□ SUNSHINE+CLOUD / トーマスメイソンストライプシャツ(new west)
□ WESTBOUND / ontario 高橋ヨーコフォトTシャツ
□ grown in the sun / ポストマンパンツ
□ AURORA SHOES / ミドルイングリッシュ(navy)

 

こんなにいいシャツなのに、どうして今まで持って
いなかったんだろう?と話しました。

「いつでも好きな時に購入できると思っていたからかな?」

『映画もそうだけど、面白いとわかっていても
いつでも観れると思ってずっと観ていないのとかあるじゃない? 』

 

デビューがいつであろうとも、遅くも早くもないんです。

シーズンを通して着ることのできるこのシャツは、
どの時も、その時がいいタイミングです◎

 

□ WESTBOUND / ポートランドデニムパンツ
□ AURORA SHOES / ミドルイングリッシュ(brown)

色々な生地のシャツがあるので、ソーリトルでは
このシャツを ” トーマス君 ” と呼んでいる。

そんな風に呼んでいるものだから、親しみも湧いてくる。

 

春の頃に求めた、SEA SALTのスリップオーバードレスも、
この生地と同じものだった。

滑らかでハリがあり、とっても上品なストライプ。

” いいな、好きだな” と、着る度に思っていたから、
トーマス君 を着ても思いは同じ。
so little

晩夏のころ / 1

2017-08-27

ノースリーブの日々はまだまだ継続中ですが、
昨夜、スーパーマーケットのレジに並びながら周りを見たら、
” 夏の盛り”というような装いは私だけでした…

夏好きももう「晩夏」を受け入れる頃なのでしょうね。
慌てて晩夏の練習です。

 

いきなりノースリーブは卒業できないので、
パンツをコットンのものにします。

□ SEA SALT / クロップドランニングトップ
□ grown in the sun / ビッグチノ(olive)

「いやいや、袖はもうあった方がいいでしょう」
とアドバイスがあり、

 

フレンチリネンのslip onシャツに。

□ SUNSHINE+CLOUD / フレンチリネンのチェックシャツ
□ grown in the sun / ビッグチノ(beige)

 

リネンシャツでも、オレンジのギンガムチェックにすると
秋の入口に一歩進んでしまうみたい。

□ SUNSHINE+CLOUD / ギンガムチェックのリネンシャツ(slip on)
□ Ghost Dance / サイドスタンプシルバーバングル
□ Ghost Dance / シークレットスタンプシルバーバングル

 

ある時から一気に加速する秋の訪れを心配しながら、
「今日もビーチウォークびよりだな」と、
夏のままで出かけて来ました。

so little

アーカイブのお問い合わせ

2017-08-23

いつもblogをご覧くださいましてありがとうございます。

こちらのblogで紹介しました、
以前の商品のお問い合わせを頂戴することもあり、
嬉しく思っております。

お問い合わせを頂いた中で、在庫のありますものを
今日はご紹介いたします。

ワンサイズのみ、かつ1点のみとなりました商品のため、
普段は商品一覧へは掲載してない商品です。

< Neighborhood /ネイバーフッド>

リネン100%のパーカーは日々の暮らしでも旅先でも
活躍しています。

クルクルと丸めてバッグに入れても麻のシワなら気になりません。

裾に向かって細くなるデザインで、ジップを開けて着た時に
のっそりしない感じや、水色のジップがとにかく格好いいです。

 

<リネンガーゼのslip on半袖シャツ>

珊瑚のプリントは、SUNSHIN+CLOUDのオリジナル生地です。

色のグラデーションがきれいで、
通りを歩く方たちの目に止まることが多く、
シャツに誘われるように入店してくださる方もいらっしゃいます。

 

その後生地の素材を変え、もう少しメリハリのある
色合いの珊瑚プリントになって登場しました。

最初に登場したこちらのタイプの方が、
暮らす町の風景に馴染むように思い、気に入っています。

 

<カディコットンのnew west半袖シャツ>

空気も一緒に織られているかのような布地。

学生の頃に気に入って着ていた
Made in U.S.A.の古着のシャツに似ていて
デニムやゆったりのパンツ、クロップドブッシュパンツに合わせて
おっとりとした感じで着るのが好きです。

 

<マドラスチェックのslip on 半袖シャツ>

この年は、
長袖のマドラスチェックのシャツは陽気な弾む色合いに、
半袖は落ち着きのある色合いに、と
同じマドラスチェックでも雰囲気を変えて紹介いたしました。

 

このシャツは太いゆったりのパンツに合わせたり、
反対にスッキリのリネンのテーパードパンツと着るのが
好きです。

コットン100%。
夏に着るシャツにふさわしく、薄手なのもいいです。

 

<ミリタリーキャンバス地のニュークラシックショーツ>

オリーブ色のしっかりとした厚みのある生地。
一目で好きになったショーツです。

クラシックショーツよりワタリ幅が太くなり、
パンツの丈が少し短くなったニュークラシックショーツ。

 

最初は「ちょっと太いかな」と気になっていたのたけど
穿いているうちに " 今日は太めが気分だな ” と、
だんだん出番が多くなっていったショーツ。

この夏もよくよく穿いています。

 

<サマーコーディロイの5ポケットショーツ>

まだショーツには早いかな、と感じる肌寒い5月の頃。
待ちきれずに穿き始めるショーツがこれ。

そして夏になり、この鮮やかな色が益々似合うようになります。

一見派手かな?と感じるショーツも、
シンプルなTシャツ、シャツと合わせると一段と洒落て見えます。

 

こちらはマリン。
サマーコーディロイのショーツの魅力の一つは、
きれいな色合い。

フルレングスのパンツではなかなか挑戦しにくい色も
ショーツなら気楽に取り入れられる。

だいぶ前に、パープルのサマーコーディロイのパンツを
短くカットしてお直ししてもらい、ショーツにしたことがあります。

そんな経験からもショーツなら◎なんです。
余談ですけど…
so little

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

上記商品の詳細は、商品一覧のsolittle shop blogでご覧くださいませ。