Archive for the ‘SEA SALT’ Category

夏の準備 /SEA SALTのラハリアパンツ

2019-05-18

初夏を思わせる日の続く新潟。

SEA SALTの新作のパンツ『ラハリアパンツ』を
ご紹介するのにふさわしい陽気になりました。

4月にリバティプリントのスリップオーバードレスを紹介しましたが、
あちらと同じ、2019年 ロイヤルローズの生地を使用しています。

 

ラハリアパンツが届いてすぐの頃は、
SEA SALTのドルマンスリーブコートドレスや
ロングシャツと合わせていました。

軽やかなリバティの生地(タナローン)ですので、
着丈の長いシャツやコートと合わせても重さを感じません。
裾から見えるボリュームのバランスがいいな、と思います。

 

ウエストはゴム仕様。

太ももから裾にかけてワイドなラインですが、
決して体型が大柄に見えないから大丈夫◎

股上の深さも好みで、足さばきはよく
「暑い季節はこればっかりはいちゃうかもね」
という予感がすでにしています。

 

油断をするとゆるすぎに見えてしまう暑い季節のコーディネートも
パンツのシルエットが上品なので心配無用。

麻のシャツやコットンニット、ノースリーブのカットソーや
タンクトップなど。
まずはお持ちのアイテムとあれこれ合わせてみるのがオススメです。

きっと似合いの何かが現われるパンツのように思います。

so little

リバティプリントのスリップオーバードレス

2019-04-09

SEA SALTのスリップオーバードレスがとっても好きです。

今までも、イタリア製の生地やトーマスメイソンの生地のものなど、
幾度かご紹介しましたが、今年はリバティプリントです!

 

数年前までは、ストライプやチェック以外の柄の洋服は、
自分の中での選択肢になかったように思います。

変化のきっかけになったのは、密かに『リバティ先生』と呼ぶ
素敵にリバティの洋服を着こなす二人の女性でした。

 

「自分には似合わない」という思い込み。
「ちょっと可愛すぎるのでは?」という恥じらいと不安。

 

苦手意識しかなかったところに、二人のリバティ先生は
リバティの魅力とともに、初心者に合わせやすい柄の大きさや
色のコーディネートなどを教えてくださいました。

 

SEA SALTが選んだリバティプリントは、
英国のモデル ” リリーコール “がデザインした
「ROYAL ROSE」2019年の新柄。

マリン色のバラの花と、グレーの葉。
上品な中にも控えめな可愛らしさが魅力です。

 

□ SEA SALT / ドルマンスリーブコート ドレス
□ SEA SALT / スリップオーバー ドレス
□ SEA SALT / ジョッパーズ パンツ(indigo)
□ Ghost Dance / オーバルシルバービーズ ブレスレット

 

今日は何を着たらいいのだろう?と迷った時、
スリップオーバードレスをまずは着てみる。
間違いなくしっくりきます。

” 迷った時のスリップオーバードレス”
というくらい、頼りになる助っ人選手。

レギンスはもちろん、デニムを合わせても◎

パンツなら、クロップド丈のものや、
くるぶしが見えるくらいにロールアップすると
バランスよく決まります。

 

まだ少し肌寒いかなと思ったら、
着丈の長いシャツやコートなどとコーディネートするのが
気に入りです。

きれいな縦のラインができて、スッキリ格好いい。

□ SEA SALT / ロングシャツドレス
□ SEA SALT / スリップオーバードレス
□ SEA SALT / スラウチ5ポケットパンツ(春夏はf.blueです)

SEA SALTのジョッパーズパンツ

2019-04-01

期待を膨らませ、楽しみに待っていたジョッパーズパンツ。

今までご紹介してきたものもそうでしたが、
SEA SALTのパンツは、何より動きやすく、
気にしている部分の体型をカバーするきれいなシルエット。

そしてコーディネートの幅を広げてくれるという、
優秀さ、万能さ。

立っている時も、座っている時も、しゃがんでいる時も
どこかが詰まるようなストレスを感じません。

 

□ SEA SALT / ドルマンスリーブコートドレス

□ エフスタイル/ ホールガーメント綿ニット(丸首、7分袖)

□ SEA SALT / ジョッパーズパンツ

□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(moss)

 

足元はこんなかっちりとした靴を合わせても格好いい。

 

□ grown in the sun / タイニーカラージャケット

□ エフスタイル/ ホールガーメント綿ニット(丸首、7分袖)

□ SEA SALT/ ジョッパーズパンツ

 

ウエストがゴムのパンツって、本当にラクなんですね。

脇から後ろ部分がゴム仕様。
ウエストの幅(ゴム幅)が広めなので、腰部分は
手のひらを添えたような柔らかなホールド感。

ラックリのはき心地なのに、見た目はこんなにスッキリです。

 

「後ろのポケットのポケット巾をこれよりも5mm 細くします」と
展示会の時にお聞きした。

それはどうしてだろう?と気になり質問をしましたら、
答えは、”その方が美しいから”と。

 

小さなことをいくつも積み重ねるからこそ、
シルエットがきれいで、かつとってもはきやすいパンツに
仕上がっていくのですね。

着た時に感じる全てのことには理由があり、
そういう服をご紹介できることが嬉しいです。

so little

欲しいです!ジョッパーズパンツ

2019-03-25


待っていましたよっ!
SEA SALTのジョッパーズパンツの到着を。

展示会で即、『欲しいです!』と心をわしづかみに
されたパンツです。

 

試着をせずとも動きやすいであろう、快適であろう、
と想像できました。
実際に履いたら、気にしているお尻の大きさ、太ももの張りまで
見事にカバー。

後日ゆっくりとご紹介いたしますが、
嬉しかったのでまずはチラリと。

商品一覧のblogにて詳細をupいたしました。
半袖Tシャツも一部届いております。
よろしければご覧くださいませ。

so little

むしろ春に、もっと

2019-03-08

昨年秋に初めてご紹介しました、
SEA SALTのドルマンスリーブコートドレス。

昨秋着ていて感じていたことがありました。
これはむしろ、春の方がもっと活躍するのでは? と。

 

そういうことで、春物でも再びのご紹介です。

春先からはスプリングコートのように着ています。

◯ 春の軽やかさは楽しみたい。
◯ しっかりとしたコートというほどのものは着たくない。
◯ でも花冷えの3月4月にロング丈のものを何か羽織りたい。

そんな思いにピタリ、というわけです。

 

この日は10年以上になるデニムと、
いつものカラーレスシャツの上に羽織っています。

 

首元の紐はしぼらず、ウエストの紐も結ばず
サラリと羽織るだけ。

 

ファブリックの良さと、美しいデザイン、
そして丁寧に作られているものだからこそ、
なのです◎

 

□ SEA SALT / ドルマンスリーブ コートドレス
□ SEA SALT / カラーレスシャツ
□ AURORA SHOES / ミドルイングリッシュ(black)

so little

SEA SALTのリブパンツ

2019-02-10

上質で繊細な仕上がりの、高級感のあるSEA SALTのリブパンツ』

“高級感 ” という表現は少しくすぐったく感じますが、
その「高級感」につながる理由は、リンキングという
横編みニット特有の縫製方法で作られているからです。

リンキング縫製で作られたリブパンツの特徴は、
伸縮性に富み、縫い目が生地に馴染むため、
なんとも柔らかでしなやかな履き心地。

 

製品の継ぎ目が目立ちにくく、かつ縫目の厚みを押さえることで
高品質に仕上がっています。

超長綿のもつ柔らかくしなやかな風合いと、
光沢を生かしているファインコットン。

三子糸(3本の糸を撚り合せて作った糸)で丸い糸となり、
とってもきれいな編み目です。

洗濯後に型崩れしないのも大事な特徴。
中性洗剤を使用し手洗いできます。

自宅で洗濯できるのも手間がかからず嬉しいです。

 

初めてリブパンツに触れた時、頬ずりしたくなるほどに
しっとりと柔らかでした。

お腹周りを全て包み込むデザインも◎

レギンスを合わせていたコーディネートをリブパンツに変えてみると、
よりスッキリとして華やかな印象になります。

コットン100%のオールシーズン使えるパンツ。
丁寧で、細かな部分まで心配りを感じる
SEA SALTならではのアイテムです。

so little

好きなシャツは?

2018-12-19

新潟に2枚、大阪に4枚。

各拠点に置いている
SEA SALTのカラーレスシャツの枚数。

好きなシャツは?と問われたら、
いつも着ているシャツを言えばそれが答え。

so little (west)

 

SEA SALTの上質なウールのパンツ

2018-12-04

” おまっとさんでした ” のその1

SEA SALTの秋冬のクロップドワイドパンツです。
初めてご紹介したのが2016年でした。

しっとりとした手触りのイタリアのウールは、
それまでに自分が持っていたウールのパンツとはまるで違いました。

もともとクロップドワイドパンツの綺麗なシルエットが
とっても気に入っていましたから、
すぐに大好きなパンツの仲間入りです。

 

□ SEA SALT / カラーレスシャツ(b.grey)
□ SEA SALT / クロップドワイドパンツ(navy)
□ AURORA SHOES /ウエストインディアン(black)
□ エフスタイル / ゴムの入らないストライプの靴下(grey)

 

C.WIDE PANTSを紹介する度にお伝えしているのですが、
横から見た時のストン、と落ちるこのスッキリ感。

春夏にはコットンリネンで、秋冬にはウール素材で、と
四季を通してこのパンツをはきたいな、と思う
理由の一つです。

 

ワイドパンツではありますが、穿いた姿がすらりとして見える。

 

着丈短めのSEA SALTのジャケットを羽織ったら
脚が長く見える、という嬉しい発見!

 

十八番のこのコーディネート。
大好きなカラーレスシャツと。

カラーレスシャツも万能で、1枚シャツを着ただけで
きちんと見える。

近頃はこの ” きちんと見える ” が すごく大事。

 

□ SEA SALT /カラーレスシャツ(white)
□ SEA SALT / クロップドワイドパンツ(grey)
□ AURORA SHOES /ウエストインディアン(moss)

 

SEA SALTの服に共通するのは、
着た姿、はいた姿に品の良さがでること。

 

歳を重ねることを意識する年齢になり、
カジュアル一辺倒だったワードローブも、
SEA SALTの登場でちょうどよいバランスになった。

 

コージーカーディガンと。

いつものカジュアルなカーディガンも、
合わせるパンツによって印象も変わる。

□ grown in the sun / コージーカーディガン(grey)
□ SEA SALT / クロップドワイドパンツ(grey)
□ AURORA SHOES /ウエストインディアン(moss)

so little

SEA SALTのもう一枚のシャツ

2018-10-16

SEA SALTのロングシャツドレス。

カラーレスシャツ同様、
こちらのシャツも楽しみに待っていた1枚です。

5月下旬、SUNSHINE+CLOUDの秋冬物の展示会へ伺った際に、
3人の女性のスタッフの方が着ていたロングシャツドレス。

その時はリネン素材のものを着ていらっしゃいましたが
とっても素敵で印象的でした。

秋冬では素材がリネンからコットンに変わり登場。
飛びつかない理由はありません。

 

□ SEA SALT / ロングシャツドレス
□ SEA SALT / カラーレスシャツ(blue grey)
□ grown in the sun / ワイドアーミーパンツ
□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(moss)

 

< size 1を着用> 身長160cm

着丈の長いシャツは着慣れない方も多いのかもしれませんが、
まずはいつものコーディネートに羽織ってみてください。

” なんだかいいじゃない” と思うから不思議なんです。

そして見慣れたいつもの自分とはちょっと違うのも
楽しい。

 

<size 2を着用>

ロングシャツドレスをサンドに着替えます。

ダークカラーからライトなシャツの色にすると
雰囲気もガラリと変わります。

サイズも1から2へ着替えています。

肩幅1cm、胸幅はぐるりで2cm、袖丈1cm、
後ろの着丈は2cmの差です。

 

コートにまだ早いけど、シャツ1枚では肌寒い。
ニットを着るほど寒くないけど、何か上に羽織りたい。

秋と春はこんな風に何を着るか悩む時期があります。
もう少し肌寒くなったら、ストールやマフラーを巻きます。

 

ストールとマフラーもオススメを揃えています。
こちらはまた後日に…

 

深いサイドスリットがアクセントに。
シャツの裾さばきもよく、動きやすい◎

着丈の長いシャツやワンピース、コートなど、
「動きやすい」というのが自分の中では
とても重要。

洒落ているけど動きにくい、
格好いいけどそんなに心地よくない、というのは
いずれ着なくなってしまうのがわかるから。

 

□ SEA SALT / ロングシャツドレス(sand)
□ SUNSHINE+CLOUD / コットンネルのシャツ
□ SEA SALT / スラウチパンツ
□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(moss)

so little

カラーレスシャツ愛

2018-10-14

もうもう、ずっと待っていました!
SEA SALTのカラーレスシャツ。

あのパンツに、このスカートに、あのセーターやコートにと
カラーレスシャツから始まるコーディネートの数々が
頭の中にたくさん溢れていました。

 

ラハリアスカートと同じ色の「ブルーグレー」
静けさを感じる上品な色合いです。

オリーブのワイドアーミーパンツと合わせたら
ぐっと秋らしくなりました。

 

□ SEA SALT / カラーレスシャツ(blue grey)
□ grown in the sun / ワイドアーミーパンツ(olive)
□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(moss)

 

今までもシーズンによって生地の異なるカラーレスシャツを
いくつかご紹介してきましたが、
2018年の秋冬のハリのあるコットンの生地も
とってもオススメです。

ドルマンスリーブコート、ラハリアスカート
カラーレスシャツ、ロングシャツドレス
この4つのアイテムは同じ生地を使用しています。

 

白のカラーレスシャツは自分の中では1番の万能選手。

昨年秋からの移動の多い日々の荷物には必ず入っています。
なので今回も白を買い足しました。

 

 

□ SEA SALT / カラーレスシャツ(white)
□ grown in the sun / ルーズアンドフィット(navy)
□ AURORA SHOES / ノースパシフィック(black)
□ Ghost Dance / シルバーオーバルビーズ ブレスレット

 

夏のリネン素材のネイビーはご紹介したことがありましたが、
コットン生地ではお初のネイビー。

この日はグレーの亀田縞のパンツと合わせています。

コーディネートがピリっと引き締まるネイビー。
今年はネイビーとネイビー、ネイビーと黒、のように
濃い色合いのものと合わせてみたいと思っています。

 

太いシルエットのパンツとの相性もいいです。

 

□ SEA SALT / カラーレスシャツ(navy)
□ F/style  / 亀田縞のワイドパンツ
□ F/style  / ストライプの靴下
□ AURORA SHOES / ウエストインディアン(moss)
□ Ghost Dance / シルバーオーバルビーズ ブレスレット

 

幾度もカラーレスシャツの良いところ、
好きな理由をお伝えしていると思います。

このシャツのスタイル、デザイン、
着心地が大好きなんです。
そしてどのシーズンの生地もとってもいい◎

so little