Archive for the ‘SEA SALT’ Category

お盆期間の出張オープン⑥ / SUNSHINE+CLOUD、 SEA SALT

2021-08-11

:::: 山あいの町から ::::

2021年8月13(金) 、14(土)、16(月) / 11時ー17時 (※16日は11時ー16時まで)

新潟市中央区愛宕1-7-6 / エフスタイルさんの ショールーム1階の一角をお借りして、出張オープンいたします。

◯ SUNSHINE+CLOUD

so littleの始まりの原点であるSUNSHINE+CLOUD

20代の頃から大好きだったS+Cを、どんなに小さなスペースでもいいから

新潟市で紹介したいんだ!という熱い思いと愛で始まった小さなお店でした。

この度の出張オープンでは『お元気ですか、お久しぶりです!』のご挨拶も兼ね、

オフプライスの商品もご用意いたしました。

:::::::::::::::::::::

◯ SEA SALT

年を重ねながら益々好きになるSEA SALTは、S+Cのレディースブランドです。

素材、デザインだけでなく、着心地、動きやすさ、体型をカバーしてくれる機能的な部分と、

ほどいい大人の女性の可愛らしさも魅力の SEA SALTの服が大好きです。

そして、間違いなしだね!ととっても信頼しています。

so little

山を越えて

2021-05-27

肌寒い雨の一日。

F/styleの黒の綿麻ニットとパンツを選び出かけました。

ひとつ山を越える道すがら、

流れる雨の滴の向こうに、

谷空木のピンクの花。

深まる山の緑の中に見つける愛らしい色。

□ エフスタイル / 綿麻ボトルネックのニット

□ SEA SALT / イージートラウザーズ

so little

SEA SALTの帽子 / 再入荷のお知らせ

2021-04-24

KIJIMA TAKAYUKI with SEA SALT / ボタニカルダイ(植物染め)の帽子が再入荷いたしました。

初回入荷時は早い段階で在庫がなくなってしまい、大変失礼いたしました。

リクエストしてこの度届けていただいたのは、チャコールとネイビーです。

チャコールは「くるみ」、ネイビーは「ログウッド」で染めています。

植物染めのなんとも言えぬ上品で深い色。

大きなつばの白のステッチが軽やかさを出し、とっても良いバランスです。

だいぶ日差しが強くなり、しっかり紫外線対策もしなくてはいけない季節になりました。

こちらで最終便です。

詳細を商品一覧ページへupいたしました。

so little

イージートラウザーズと綿麻ニット

2021-04-13

SEA SALTのイージートラウザーズに、F/styleの綿麻ニットを合わせました。

パンツはワイドなシルエット、そしてニットもユニセックスサイズのゆったりなサイズ感なのですが、

着ている自分の気持ちも、見た目もスッキリとしていて、すぐに気に入りのコーディネートになりました。

ニットをブラックに着替えるとまた印象が変わり、ぐっと格好いい雰囲気に。

やや淡さを感じる墨黒のようなパンツの黒と、綿麻ニットのキリリと深い黒。

重さや暗さを感じない黒のグラデーションです。

新しく届いたパンツと、いつも着ている洋服の相性がバッチリだととっても嬉しいし、

どちらの魅力もさらに増し、何倍も楽しくなっちゃいますね。

so little

イージートラウザーズとカラーレスシャツ/追記あり

2021-04-11

今年もとっても楽しみにしていました!

SEA SALTのカラーレスシャツとイージートラウザーズ。

神奈川県葉山町 / SUNSHINE+CLOUDより届きました。

今シーズンのイージートラウザースは、ブラックとベージュ。

リネンのカラーレスシャツは、ブラックとフェイドブルーです。

SEA SALT のブラックはとってもシック。

きれいなシルエットのシャツとパンツは、ブラックのコーディネートでも

重さを感じず上品です。

  • SEA SALT / リネンのカラーレスシャツ(ボタニカルダイ)
  • SEA SALT / イージートラウザーズ

< 追記 >

商品一覧ページを更新いたしました。

商品の詳細をご覧いただけます。

so little

Sig Zaneを着た理由

2021-04-07

料理上手のお隣さんが一足はやくプランターに何かを植え終えた。

「かせぎますねぇ」← (魚沼弁で” 頑張って働きますね、働き者ですね” の意味)と声をかけると、

『ネギを沢山植えたすけに必要な時はこいでっていいよ』←(沢山植えたから必要な時は抜いていっていいよ)

『素麺の時なんかにちぃっとあるといいろい』←(ちょっとあるといいでしょ)

素麺という夏のワードに触れたおかげで、

こちらは一足はやくおシグを着ようかな、となりました。

  • F/style / ホールガーメントの綿麻ニットカーディガン
  • Sig Zane / ビーチウォーク
  • SEA SALT / スラウチ5ポケットパンツ(フルレングス)

so little

真白なチャイナジャケットを

2021-04-05

田畑にはまだもう少し雪の残る魚沼の風景。

肌寒い朝でも振り返らずに春へと向かおう、という気持ち。

いつものエフスタイルの綿麻ニットにチャイナジャケットを羽織る朝。

庭に咲く白椿のようなリネンのジャケットを。

so little

KIJIMA TAKAYUKI + SEA SALTの帽子

2021-04-03

SEA SALTより、大きなつばが印象的な帽子が届きました。

帽子のブランド「KIJIMA TAKAYUKI 」(デザイナー木島隆幸さん)と SEA SALTのダブルネームの帽子です。

2015年に登場して以来毎シーズンとっても好評で、

SEA SALTの定番のアイテムになりました。

今シーズン私たちが選んだカラーは、ホワイト、ブラック、フェイドブルー。

お出かけ時の” いつもの帽子 “となるように、コーディネートに迷ったり

考えたりすることのない、合わせやすいベーシックな3色を選んでいます。

素材はコットンキャンバス。

折り畳むこともでき、4つ折りにすると手に持ってもバッグに入れても

かさばらない大きさです。

好きな部分を折り、好きなように被る自由な帽子。

チャーミングなつばの広いデザインは、

紫外線からも守ってくれるというプラスの喜びも。

ショートカットの悩みでもある首の後ろの日焼けの心配も減少です。

so little

SEA SALTのスラウチパンツ

2021-04-01

暖かな季節になると、かなりの頻度で着用している

SEA SALTのクロップド丈のスラウチ5ポケットパンツ。

色違いで求めるほどに大好きなパンツです。

そのパンツにフルレングスタイプが登場。

そうです、そうなんです。だからもう、今すぐに穿けるのです!

素材はコットンリネン。

軽やかで光沢感のある薄手の上品なデニム地です。

冬以外のシーズンに着用できます。

パンツ自体も軽く、汗ばむ季節にも軽快に気持ちよく着用できます。

SEA SALTのパンツを好きな理由は、

まずは女性らしくきれいなシルエットということ。

それに抜群の動きやすさ。

どこかが突っ張るような、体の一部分でも無理をしているような感じがありません。

そしてやはり上質な生地。

全てが揃っているから、SEA SALTの洋服に惹かれるのです。

横から見ると、ウエスト、お尻、太ももはゆったりと、

そして膝下からスッキリと細くなるのが分かると思います。

動いていても座っている時もとってもラクで、かつ決してルーズには見えないシルエット。

これだから、SEA SALTのスラウチパンツはシーズン長く穿いていたいのです。

so little

久しぶりの綿麻カーディ

2021-01-25

暖かな月曜日。

お天気よければ気分もよし。
コーディネートもスキッと軽やかに。

白いシャツに F/styleの綿麻のカーディガンを。

 

パンツはネイビー。

カーディガンはチャコール。

 

インナーはもちろんメリノウールで
しっかりとあたたく。

 

□ エフスタイル / ホールガーメントの綿麻ニットカーディガン

□ SEA SALT / カラーレスシャツ

□ ウールのテーパードパンツ

so little

JOHAで暖かく動きやすく

2021-01-10

毎日厳しい寒さが続いています。

とにかく冬は、暖かく動きやすく。

それを実感できるようになったのは、
JOHA のメリノウール のインナーのおかげ。

・最高のコンビの『長袖+レギンス』

・最強のトリオの『タンクトップ+長袖+レギンス

 

快適なインナーのおかげで、
ごてごての重ね着や厚着は不要です。

 

ラフなスウェットシャツに、
ウエストがゴムの軽くて動きやすく、
穿いていてとってもラクなワイドパンツ。

ガウンのようにさっと羽織るだけの
コットンのコートで少し格好よく仕上げます。

 

□ SEA SALT / ドルマンスリーブコートドレス

□ スウェットシャツ

□ エフスタイル / 亀田縞のワイドパンツ(厚地)

so little

 

霜が降りた朝、

2020-12-10

朝6時すぎ、庭に出ると霜が降りていました。

雪とは異なる静かな冷たさ。

 

こんな日は必ず晴れます、
ということで 12月にしては軽やかなコーディネート。

もちろん、
JOHAのメリノウール の長袖とレギンスがあっての
軽やかさです。

 

左より

◯SEA SALT / カラーレスシャツ

◯エフスタイル/ホールガーメントの綿麻カーディガン(ネイビー)

◯SEA SALT / ラハリアスカート

so little

 

ユニフォーム + ロングシャツ

2020-12-07

いつものシャツとパンツのユニフォームのような
コーディネートに、ネイビーのロングシャツを羽織る。

 

冬の始まりの夕暮れ時は、
1日の始まりかと錯覚するような光の中にある。

 

□ SEA SALT / ロングシャツドレス

□ SEA SALT / カラーレスシャツ

□ エフスタイル /亀田縞のワイドパンツ(厚地)

so little

 

今日を分解する

2020-12-01

日々移ろう魚沼の景色。
再び東の山々には積雪があり、十分に寒い12月の始まりです。

 

12月1日
白菜や大根が甘くみずみずしく、ずいぶん美味しくなりました。

着ている洋服はそんなに厚着ではありません。
その理由を分解してみます。

 

左より

◯ SEA SALT / ラハリアスカート

◯ SEA SALT / カラーレスシャツ

◯スウェットシャツ

 

左より

◯JOHA / メリノウールのレギンス(ライトグレー)

◯ JOHA / メリノウール の長袖アンダーシャツ(ナチュラル)

 

暖かな理由はやはりココでした。

so little

月夜にネイビーを着る

2020-11-27

夜の色と同化し、雲間の月を眺めて歩く。

 

大活躍しているカーディガンと、
いつもの気に入りのシャツとデニムの
ワントーンのコーディネート。

 

いつも以上にひっそりと静かに感じる夜に
ネイビーを着る。

 

シンプルなデザインの同色のコーディネートは
気持ちも静かに落ち着く。

 

左から

◯ デニムパンツ

◯ エフスタイル / ホールガーメントの綿麻カーディガン

◯ SEA SALT / カラーレスシャツ

so little

スカートにももちろん、JOHAのレギンスを

2020-11-24

スカートの時にメリノウール のレギンスを穿くと
どんな感じになりますか?とご質問をいただきます。

股下長めのJOHAのレギンスは、膝下から足首にかけてを
自然にクシュリとするとバランスがよいように思います。

 

見えない太ももから膝上部分にクシュリと寄せて、
スネ、足首の部分をスッキリ見せるのもいいです。

 

この小技、脚が長ければ不要なのでしょうね….

ですが私の場合、この寄せた部分がなおさら暖かくて、
寒さ厳しい季節は嬉しさ倍増のごちそう気分です。

 

スカートやワンピースにも合わせやすいように、
レギンスはブラックとライトグレーを選んでいます。

 

□ JOHA / メリノウール のレギンス(ブラック) /
Lサイズは12月に再入荷予定

□ JOHA/ メリのウールのレギンス(ライトグレー) /
Mサイズは11月下旬、Lは12月に再入荷予定

□ 11月下旬にメリノウール シルクのタイプ(ブラック)/
新しく入荷してまいります

 

左から

◯ エフスタイル / ホールガーメントの綿麻カーディガン

◯ SEA SALT / ラハリアスカート

◯SEA SALT / カラーレスシャツ

so little

SEA SALTのコートドレスを着る

2020-11-23

風合い豊かで厚みのあるコットン100%の
SEA SALTのドルマンスリーブコートドレス。

肌あたりはやわらかく上質な着心地が嬉しい。

 

その日のコーディネートに合わせ、
首元の紐を絞ったり緩めたり。

コートの内側にある紐を結ベば、
自然と前が重なるように閉じて
ドレスのようにも着ることができます。

 

この日は、シンプルなスウェット+
いつもの亀田縞のワイドパンツに合わせた。

ドルマンスリーブコートドレスを
一枚羽織るだけなのに雰囲気が大きく変化。

これもコートドレスの魅力。

 

袖は8分丈。

たっぷり贅沢に生地を使ったドレスは、
体の動きに合わせ常にきれいなシルエットが生まれる。

 

左より

◯ SEA SALT / ドルマンスリーブコートドレス

◯エフスタイル / 亀田縞のワイドパンツ(厚地)

◯ クルースウェット

so little

 

アイスグレーのシャツと太陽

2020-11-17

太陽にうっすらと雲がかかり、
はっきりと太陽の輪郭を見た。

玄関窓に映り込んだ太陽は月のように丸く、
今日のシャツのような色をしていた。

 

□SEA SALT / ロングシャツドレス

□エフスタイル / ホールガーメントのウールニット(ユニセックス )

□エフスタイル / 亀田縞のワイドパンツ(厚地)

so little

SEA SALTのカーディガンを着る

2020-11-10

山の紅葉に重なるように霧がかかっていた朝。
里山の風景の美しさの中に冬の寒さを感じる日でした。

空気の冷たさに合わせるように、
暖かなSEA SALTのカーディガンを着ました。

 

ボリューム感のあるゆったりとしたデザイン。
羽織ればやわらかな女性らしいシルエットが生まれます。

 

ブリティッシュウールをたっぷり使用したカーディガンは、
頼りになる暖かなインナーや、風を通さないアイテムを重ねると、
簡単なコートとしても使えます。

 

実用的な面の感想を言えば、袖丈の短いデザインは
ムクムクしがちな冬の動作の妨げにならないのも◎

 

新潟の生活は車の移動が基本です。

厚手のコートやダウンジャケットでは、
車に乗る度に脱ぎ着しないといけないけれど、
こんなカーディガンなら、そのままのすいすい。

 

色はチャコール。
飽きることのないシックなカラーを選びました。

商品一覧にて詳細をご覧いただけます。

□ SEA SALT / ブリティッシュウールのカーディガン

□ JOHA / メリノウール の長袖アンダーシャツ

□カディコットンのチュニック

□ デニムパンツ

so little

立冬、SEA SALTのカーディガン

2020-11-07

遠くの山々に積雪を見る頃になりました。

まだコートを着るほどではないのだけれど….と、
出かける時に何を着ようかと迷ったり。

車を運転する時は、コートよりもしっかりと
暖かなカーディガンの方がラクで便利だったり。

 

さっと羽織ってすぐに暖かいブリティッシュウールの
SEA SALTのカーディガン。

商品一覧へupできましたら、再びお知らせいたします。

so little